Lgmtompvxutepjpf0ihg

イタリア

CATEGORY | イタリア

ベネチア観光・モデルコースからマイナーなスポットまでをお届け!

2019.09.19

水の都ベネチアは、世界中から観光客が集まる北イタリアきっての人気観光都市です。今回は、ぜひ訪れたい魅力的な観光名所や絶景ポイントなどベネチア旅行でおすすめしたい観光スポット、モデルコース、マイナーなスポットをまとめてご紹介します。

  1. まずはベネチアへの行き方
  2. ベネチア観光人気スポット①グランドキャナル大運河
  3. ベネチア観光人気スポット②サン・マルコ広場
  4. ベネチア観光人気スポット③サン・マルコ大聖堂
  5. ベネチア観光人気スポット④ドゥカーレ宮殿
  6. ベネチア観光人気スポット⑤リアルト橋
  7. ベネチア観光人気スポット⑥カフェ・フローリアン
  8. ベネチア観光人気スポット⑦サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会
  9. ベネチア観光人気スポット⑧ブラーノ島
  10. ベネチア観光人気スポット⑨ムラーノ島
  11. ベネチア観光人気スポット⑩サン・ジョルジョ・マッジョーレ島
  12. ベネチア観光定番モデルコース
  13. ベネチア観光定番モデルコース【到着日】
  14. ベネチア観光定番モデルコース【1日目】
  15. ベネチア観光定番モデルコース【2日目】
  16. ベネチア観光定番モデルコース【3日目】
  17. ベネチア観光定番モデルコース【4日目】ブラーノ島
  18. ベネチア観光定番モデルコース【5日目】ムラーノ島&サン・ジョルジョ・マッジョーレ島
  19. ベネチア観光定番モデルコース【帰国日】
  20. ベネチア観光のまとめ

日本からベネチアまでのアクセス方法

現在日本からベネチアまでの直行便は就航していませんので、ヨーロッパ各都市での乗り継ぎが一般的となります。利用航空会社にもよりますが、おおよそのフライト時間は乗り継ぎ時間も含め約15時間となります。また、中東を経由する中東系航空会社も運行していますが、乗り継ぎ時間が長い傾向にあります。

水の都ベネチアらしい光景に出会える「グランドキャナル大運河」

Iygeytpvfouivha16oih
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1561075835/iygeytpvfouivha16oih.jpg

水の都ベネチアといえば運河の張り巡らされた風景が有名です。数多くある運河の中でも特に大きいのが「グランドキャナル大運河」で、観光客だけでなく地元の人たちの日常生活にも重要な交通の要となります。グランドキャナルを走る水上バスに乗って移動すれば、ベネチアらしい光景に出会えるでしょう。

Oolut6ld00ejqamp6lvl
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1561075846/oolut6ld00ejqamp6lvl.jpg

運河からの眺めもフォトジェニック!

グランドキャナルを走る水上バスからの眺めは、陸の上からの眺めとはひと味違い、水の都ベネチアらしい光景を堪能できます。何度もシャッターチャンスが訪れますので少々忙しいですが、フォトジェニックなベネチアの風景をしっかり写真に残すのがおすすめです。

Vz9krgsp2thoc4omvhk5
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1561086326/vz9krgsp2thoc4omvhk5.jpg

世界一とも称された美しい広場「サン・マルコ広場」

ベネチアで最も観光客が訪れる有名な観光スポットが「サン・マルコ広場」です。かのフランス皇帝ナポレオンも「世界一美しい」と讃えたサン・マルコ広場は、常に多くの旅行者であふれています。ベネチアを訪れたら、必ず立ち寄りたい特に有名な観光名所です。

夜のライトアップも幻想的で美しい「サン・マルコ広場」

「サン・マルコ広場」は、夜のライトアップされた光景も見応え十分です。夜の美しいサン・マルコ広場を散策するためには、ぜひベネチア本島のホテルを予約しましょう。世界的な観光地のため、ホテルの料金は少々高めですが、その価値は十分にあるはず。一生の思い出に残る光景に出会えることでしょう。

歴史と威厳を感じる「サン・マルコ大聖堂」

ベネチアでもトップクラスの人気を誇る観光名所「サン・マルコ大聖堂」は、常に多くの旅行者であふれています。様々な様式が混ざり合った独特の建築物である「サン・マルコ大聖堂」は、威厳があり見ごたえ十分。宗教施設ですので、肌の露出が多い服装は控え、敬意を持って見学しましょう。

【所在地】San Marco 328, 30124 Venice, Italy

豪華絢爛で見応え十分「ドゥカーレ宮殿」

「ドゥカーレ宮殿」は、かつてのベネチアの栄華を感じる華やかさ豪華さがひときわ目を引く観光スポットです。豪華絢爛できらびやかな内装が旅行者の目を楽しませ、「シークレットツアー」と呼ばれる、秘密の部屋を訪れるガイド付きツアーは特に人気です。

【所在地】Piazza San Marco, 1, 30124 Venice, Italy

ベネチアで最も古い橋「リアルト橋」

Q5zk0qeir99jbmfgxgse
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1561088333/q5zk0qeir99jbmfgxgse.jpg

運河が張り巡らせられたベネチアにある有名な橋が「リアルト橋」です。ベネチアで最も古い橋と言われ、象徴でもある「リアルト橋」の上には、お土産物を扱うショップや様々なパフォーマンスで観光客を楽しませる大道芸人で賑わっています。橋の下を通るゴンドラの風景もベネチアならではを感じさせ、多くの旅行者に人気の撮影スポットでもあります。

世界で一番古いカフェ「カフェ・フローリアン」

世界最古のカフェ「カフェ・フローリアン」は、ベネチア観光でぜひ訪れたい場所のひとつです。サン・マルコ広場という絶好のロケーションにあり、歴史を感じる店内はまるで異空間に迷い込んだような感覚になります。立地がら、イタリアのカフェにしては少々割高な価格帯ですが、せっかくベネチアを訪れたなら立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

豪華な朝食も人気の「カフェ・フローリアン」

少々お高めの料金ながら、観光客に人気なのが「カフェ・フローリアン」の朝食メニューです。SNS映えする豪華でフォトジェニックなビジュアルは、一見の価値あり!バカンス気分を味わえる朝食で、素敵なイタリアの朝を始めてみましょう。

【所在地】Piazza San Marco San Marco 57, 30124 Venice, Italy

美しいマイナー・バシリカ「サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会」

Psmjtk5hkxuvnw0prtfv
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1561087367/psmjtk5hkxuvnw0prtfv.jpg

カトリックのマイナー・バシリカでありながら、その美しい佇まいが壮大な「サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会」は、真っ白な大理石の外観と丸いクーポラが目を引くベネチアでおすすめの観光名所です。他の名所に比べると知名度が低めでマイナーな観光スポットですが、運河を走る水上バスから眺めてもその存在感は素晴らしく、ベネチア観光でぜひ訪れたい宗教施設です。

【所在地】Campo de la Salute Dorsoduro 1, 30123 Venice, Italy

色があふれる「ブラーノ島」のフォトジェニックな景色

ゆっくり歩いても1時間ほどで周れる島「ブラーノ島」は、色があふれるカラフルな可愛い島です。カメラ片手に散策すれば、いたるところでフォトジェニックな景色に出会えることでしょう。なんでもない日常の風景が「ブラーノ島」の持つ不思議な魅力。名産のレース編みを買いに、訪れるのもおすすめです。

憧れのベネチアングラスを買いに「ムラーノ島」へ行こう!

ベネチア本島から水上バスでアクセスできる「ムラーノ島」では、ぜひ伝統のベネチアングラスを手に入れましょう。素朴な雰囲気が残る「ムラーノ島」には、無料で参加できるベネチアングラス工房見学ツアーなども人気です。ゆったりとした島の空気を感じながら、お散歩してみるのもいいでしょう。

水辺の貴婦人と称される「サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会」を見学しよう

「ベネチア本島」やカラフルでフォトジェニックな島「ブラーノ島」、ベネチアングラスで有名な「ムラーノ島」に比べ、マイナーですが、海に浮かぶ教会のような静かな佇まいが魅力的なサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会は、「水辺の貴婦人」とも称される美しい教会です。そんなサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会がある「サン・ジョルジョ・マッジョーレ島」は、まだまだ知名度も低くマイナーな観光スポットですが、ベネチア観光でぜひおすすめしたい観光名所です。

憧れのベネチアでおすすめのモデルコースとは?

憧れのベネチアを訪れたなら、絶対に外せないマストスポットやまだまだ観光客が少ないマイナーな観光スポットを時間が許す限り堪能したいですよね。おすすめの「ベネチア観光モデルコース」をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ベネチアに到着したら、まずは王道観光スポットへ

ベネチア観光定番モデルコースで訪れたい王道観光スポット「リアルト橋」へ。橋自体を撮影してもよし、大道芸人のパフォーマンスを楽しんでもよし、お土産物屋さんでショッピングを楽しむのもよし!世界中からの観光客に紛れ込んで、楽しいベネチア観光のスタートです。

初日から美味しいイタリアンで素敵なディナーを楽しもう

美食の国イタリアで楽しみなローカルご飯。元気があれば、ちょっとドレスアップしておしゃれなレストランへ出かけても良いですが、普通のどこにでもあるトラットリアでも十分美味しいイタリアンが食べられます。ワイン片手に魚介やパスタ、ピザなどを思いっきり頬張りましょう!

ベネチアで迎えた朝は、運河のある風景を眺めながら朝食を

ベネチアで迎えた朝は、ちょっと遅めの朝食を。運河を眺めながらいただくイタリア式朝ごはんは、格別に美味しいはず。ビスケットやチョコレート入りのクロワッサン、カプチーノなどの甘くて軽めの食事をいただくのがイタリア流です。

ゴンドラや水上バスに乗って、ベネチアらしい風景に出会う

ベネチア観光の定番モデルコースで外せないアクティビティといえば、ゴンドラ体験ですよね!運河から眺めるベネチアの街は美しく、陸とはまた違った感動を覚えることでしょう。水上バスで移動しながら、運河からの眺めを楽しむのもおすすめです。

おやつにはイタリアンジェラートを食べ比べ!

ベネチアの街散策で疲れたら、ちょっと休憩。ベネチア定番モデルコースでは、甘いもので疲れを癒すのがおすすめです。ベネチアで甘いものといえば、やっぱり外せないイタリアンジェラート。バニラやストロベリー味なども美味しいですが、イタリアらしい濃厚なチョコレート味や日本ではマイナーなピスタチオ味を試してみてはいかがでしょうか?

ベネチア王道観光スポットを散策

ベネチア観光のモデルコースで外すことができない「サン・マルコ広場」には、「サン・マルコ大聖堂」や「ドゥカーレ宮殿」などといった有名な観光スポットが点在します。ほとんどの観光客が訪れるベネチア観光で一番人気の観光名所です。

世界最古のカフェ「カフェ・フローリアン」で広場を眺めながら優雅にティータイム

世界最古のカフェとして知られる「カフェ・フローリアン」は、ベネチア観光の起点となるサン・マルコ広場にあります。生演奏を聴きながらいただくカプチーノやスイーツは、異国での優雅なティータイムを演出してくれます。お値段は観光地価格で安くはないですが、雰囲気・味・立地を考えれば、リーズナブルな旅の思い出が作れるはずです。

老舗カフェ「カフェ・フローリアン」の絶品スイーツをいただこう!

ベネチアの優雅な観光名所といっても過言ではない「カフェ・フローリアン」は、ベネチア観光のマストスポットです。SNS映えする上品でおしゃれな「カフェ・フローリアン」のスイーツやお食事は、お腹だけでなく心も満たしてくれることでしょう。ベネチア旅行でぜひ立ち寄りたい超有名老舗カフェです。

夕暮れから夜のロマンチックなベネチアの風景がおすすめ

昼間は多くの旅行者で賑やかなベネチアの観光名所も、夜になるとライトアップされ美しく幻想的な風景が広がります。夕食を楽しんだ後は、ぜひ夕方から夜の時間にお散歩を。街をぶらぶらしてみるだけでも、イタリアならではのロマンチックな雰囲気が味わえるのでおすすめです。

ベネチアの街で自分だけのとっておきのマイナースポットを探そう

ベネチアでは王道の観光名所を周るのも素敵ですが、気の向くまま小径を散策するのもおすすめです。自分だけのとっておきのマイナーな観光スポットやイタリアらしいおしゃれな景色に刺激を受けて、写真を撮る手が止まらないはず。マイナーな場所にこそ、フォトジェニックな風景が隠れているのもベネチア観光の魅力なのです。

軽めのランチはイタリア名物パニーニで決まり!

ベネチアで軽めのランチを食べるなら王道のピザやパスタもいいですが、ちょっとローカルでマイナーなパニーニはいかがでしょうか?なんでも観光地価格で高めのベネチアは、旅行者の懐的に痛い旅先ですが、地元の人に混じって自分好みのパニーニを見つけてみるのは楽しいはず。街の散策に疲れたら、川岸でアペリティーボを楽しむのも素敵な時間が過ごせる秘訣です。

ベネチア本島を飛び出して「ブラーノ島」へ!

せっかくのベネチア旅行、本島だけではなく、他の離島にも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?モデルコースでおすすめするのは、ベネチア観光で最も有名な島「ブラーノ島」へのデイトリップです。本島からはヴァポレットと呼ばれる水上バスに乗って40分ほどでアクセスできます。

カラフルな「ブラーノ島」は、フォトジェニックが止まらない!

カラフルで可愛らしい街並みが広がる「ブラーノ島」は、ただ歩き回るだけでも楽しい島です。名産の工芸品レース製品を求めて集まる観光客も多く、ショッピングが楽しめる島として女性やカップルに人気です。ベネチア旅行では、ぜひ「ブラーノ島」もプランに組み込んでおくのがおすすめです。

「ムラーノ島」では、憧れのベネチアングラスを手に入れたい

ベネチアの名産ベネチアングラスで有名なのが「ムラーノ島」です。「ブラーノ島」と並んで旅行者に人気の島ですが、水上バスでおよそ10分という近さも人気の秘密です。「ムラーノ島」観光では、繊細なベネチアングラスの工芸品やアクセサリーをお土産に購入してみてはいかがでしょうか?

運河沿いの素敵なオープンカフェでひと休み

「ムラーノ島」での散策に疲れたら、川沿いのおしゃれで可愛らしいカフェで休憩してはいかがでしょうか。心地よい風が感じられるテラス席でくつろげば、旅の疲れが一気に吹き飛ぶはずです。

マイナーな「サン・ジョルジョ・マッジョーレ島」へも足を伸ばそう

王道観光スポットが点在する「ベネチア本島」、カラフルな「ブラーノ島」、ベネチアングラスで有名な「ムラーノ島」に比べると若干マイナーな「サン・ジョルジョ・マッジョーレ島」ですが、水辺の貴婦人と称される「サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会」目当てに訪れる観光客も少なくありません。まるで水上に浮かんでいるかのような「サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会」は、水上バスから眺めても幻想的で美しく、心を癒してくれることでしょう。

帰国日は、絶品イタリアンを堪能しよう

名残惜しいベネチア観光最終日。帰国日も最後までしっかり楽しみたいですよね!そこでおすすめなのが、美食の国イタリアで食す絶品イタリアン!美味しいイタリア料理に舌鼓を打ったら、お腹も心も満たされて帰国することができるでしょう。

いかがでしたか?水の都ベネチアは北イタリアの中でももっともポピュラーな観光都市のひとつですが、今回は、旅行者が多く訪れる名所からちょっとマイナーなスポットまでご紹介しました。何度訪れても常に新鮮に感じられる街ベネチアは、リピーターを惹きつけてやまない不思議な魅力があります。まだまだ知らないベネチアの風景を探しに、足を運んでみてはいかがでしょうか?

Mylvgzgkngp6bmjflgig
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1561089591/mylvgzgkngp6bmjflgig.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BkrxoHQA3Jd/?