Io83hx2ebic3uyllufiy

ブルネイ

CATEGORY | ブルネイ

ブルネイ観光・アジアの秘境にして未だ謎めく国の観光スポット19選

2018.05.20

今回紹介するのはブルネイのおすすめ観光スポットです。ブルネイはどこにあるかご存知でしょうか?名前を聞いたことがある人は多いですが、あまり馴染みのない国だと思います。そんなブルネイですが観光スポットはたくさんあるので一部ではございますが紹介させていただきます。

  1. 1.スルターン・オマール・アリ・サイフディーン・モスク
  2. 2.イスタナ・ヌルル・イマン
  3. 3.Jame' Asr Hassanil Bolkiah Mosque
  4. 4.Ash-Shaliheen Mosque
  5. 5.ブルネイ博物館
  6. 6.マレー技術博物館
  7. 7.Brunei Forestry Museum
  8. 8.ジュルドンパーク
  9. 9.ウル・ウル・ナショナル・パーク・リゾート
  10. 10.Shahbandar Hills
  11. 11.Muara Beach
  12. 12.Jerudong Beach
  13. 13.カンポンアイール
  14. 14.エンパイヤホテル
  15. 15.Teng Yun Temple
  16. 16.The Mall
  17. 17.キアンゲ・オープンマーケット
  18. 18.The Empire Hotel & Country Club, Brunei
  19. 19.Pantai Mentiri Golf Club
  20. 20.最後に
ブルネイをはじめ東南アジアにはマレーシアやインドネシアなどイスラム教をメインの宗教とする国がたくさんあります。イスラム教がメイン宗教の国にはお祈りをするために大小様々なモスクが建設されています。ブルネイにもたくさんのモスクがあるので一部ですが紹介させていただきます。

ブルネイ観光おすすめスポットスルターン・オマール・アリ・サイフディーン・モスク

スルターン・オマール・アリ・サイフディーン・モスクはブルネイ観光で1番人気があるスポットです。ブルネイの首都であるバンダルスリブガワンににある王立モスクの1つです。インドネシアやマレーシアなど東南アジアにはイスラム教徒が多く、大小様々なモスクがありますが、スルターン・オマール・アリ・サイフディーン・モスクはアジアで一番美しいモスクと称されています。このモスクは1950年代にイタリア人建築家によって建設されました。モスク大理石や水晶など高価な材料が使用されています。観光客にも一般開放されているのでぜひ足を運んでみてください。ただし木曜日、金曜日は観光客は入ることができないので注意してください。

ブルネイ観光おすすめスポットイスタナ・ヌルル・イマン

イスタナ・ヌルル・イマンは世界最大の宮殿と言われています。諸説あるので認定はされていませんが実際に見ると確かに大きいです。イスタナ・ヌルル・イマンには日本でいうと天皇にあたる国王が住んでいる住居です。ブルネイ川の川岸に広がる丘の上に立っているので自然豊かな場所で作りも自然の景観を損ねない作りになっています。この宮殿には約1800の部屋と5000人を収容できる講堂や1500人収容できるモスクがあります。また、ブルネイの全ての国家権力がイスタナ・ヌルル・イマンに集約されています。年に1度だけイスラム教徒の断食の時期であるラマダンの時に一般公開されるのでこの時期にブルネイに訪れる方はぜひ足を運んでみて下さい。

ブルネイ観光おすすめスポットJame' Asr Hassanil Bolkiah Mosque

ブルネイでは国王は事実上全てを掌握する世襲の元首です。元首のことをブルネイではスルタンと呼びます。Jame' Asr Hassanil Bolkiah Mosqueはスルタンの即位25周年を記念して建設された大きなモスクです。1994年の完成以来、5000人が収容できるモスクがあるのでブルネイ人だけではなく、東南アジア各国のイスラム教徒がたくさん訪れてお祈りをしています。イスラム教徒以外も入ることができますが、服装に制約があるのであまり肌を露出した格好で行かないでください。

ブルネイ観光おすすめスポットAsh-Shaliheen Mosque

Ash-Shaliheen Mosqueは写真をみて分かるように屋根に特徴があるモスクです。空港に向かう途中にあるので最終日に行くことをおすすめします。モスクの中に実際に入ることもできます。ただしお祈り時間中や金曜日などは一般人の入館が制限されているので注意してください。モスクは自然に囲まれた静かな場所にあるのでおすすめです。

ブルネイ観光おすすめスポットブルネイ博物館

ブルネイ博物館は1965年に開館した国立博物館です。ブルネイで一番大きなブルネイ博物館は首都のバンダリスリブガワンにあります。館内にはブルネイの歴史や文化及び産業、エネルギー資源、動物など幅広い分野のものが展示されているので回っていて飽きない場所です。そのほかにもブルネイ国王の所持品である、陶磁器、考古発掘物などの貴重品も見ることができます。

ブルネイ観光おすすめスポットマレー技術博物館

テキスト

ブルネイおすすめ観光スポットBrunei Forestry Museum

Brunei Forestry Museumは1986年に建設された林学博物館です。Brunei Forestry Museumは自然に配慮して全て木から作られています。開館時間は月曜日から木曜日と土曜日で8:00から12:00と13:30から16:30までです。自然に囲まれた涼しい場所なのでぜひ足をはこんでみてください。

ブルネイおすすめ観光スポットジュルドンパーク

ジュルドンパークは別名ブルネイのディズニーランドとも呼ばれています。1994年に開業したジュルドンパークは国が東南アジアから観光客を呼び込むために相当力をいれて建設しました。建設費用はブルネイ政府自ら10億ドルを拠出しました。開園当初は拡張工事をする前の香港ディズニーランドよりも大きいということが話題になりました。そしてジュルドンパークの特筆すべきことは開園から6年間、入場料を支払えば全てのアトラクションが乗り放題という信じられないサービスをしていたことです。現在は開園当初よりも入場客が減ってきていることから入場料+定額を支払えば全ての乗り物が乗り放題です。ジュルドンパークの周りは自然に囲まれた綺麗な場所なので子供連れの方におすすめの場所です。

ブルネイ観光おすすめスポット

ウル・ウル・ナショナル・パーク・リゾートは写真からもみてわかる通り、大自然の国立公園です。ブルネイは地図でみると飛び地になっている国土がありますが、そこがウル・ウル・ナショナル・パーク・リゾートです。ウル・ウル・ナショナル・パーク・リゾートへはバンダルスリブガワンからボードで約45分の場所にあります。森の中をトレッキングしたり、カヌーが川を下ったり大自然を満喫したアクティビティをすることができます。展望台があるのですがそこから見る景色は水平線まで森林が広がっているとても綺麗な景色なのでおススメです。

ブルネイおすすめ観光スポットShahbandar Hills

Shahbandar Hillsはブルネイの北端に位置するムアラ地区にある広陵です。Shahbandar Hillsはブルネイ国際空港から近い場所にあるのでアクセスがとても容易です。観光の醍醐味といえば歴史的建造物をみて回ったり、ショッピングをすることですが、その国の自然を満喫することも醍醐味の1つです。自然に囲まれたShahbandar Hillsはトレッキング初心者の方でも登りきることができるのでぜひ挑戦してみて下さい。

ブルネイおすすめ観光スポットMuara Beach

ブルネイはカリマンタン島の一部にある国なので海に面しています。ブルネイで一番有名なビーチがMuara Beachです。Muara Beachgがある場所はMuara Beach Recreational parkなので海水浴の他にも1週1.2kmのサイクリング、ジョキングコースや、スケートボードエリヤ、バーベキューエリアがあります。海水浴の後にはちゃんとシャワールームも完備されているので安心です。自然が多く、週末はたくさんの地元の人や観光客でにぎわっています。

ブルネイおすすめ観光スポットJerudong Beach

Jerudong Beachはエンパイヤホテルとジュルドンパークの中間にあるビーチで人があまりいない穴場スポットです。海水浴をしている人は少ないのですが夕暮れ時や早朝に砂浜を散している人が多く一面景色なので雰囲気がある場所です。

ブルネイおすすめ観光スポットカンポンアイール

これまでブルネイの綺麗な建築物や施設を紹介してきました。次に紹介するにはカンポンアイールという場所です。写真をみるとスラム街のようにも見えます。実はカンポンというのはマレー語で村、アイールというのは水という意味で合わせると水の町=水上集落となります。カンポンアイールは世界最大の水上集落でその数、実に人口39,000人がここの集落で生活をしており、40以上の村があります。スラム街ではなく水上には病院、学校、警察、スーパーなど生活に必要なもの全てがそろっています。カンポンアイールができたのは今から1300年以上前までさかのぼります。ブルネイ政府はカンポンアイールを文化遺産として残すためにたくさんのお金を支給し集落の維持に力を入れています。水に浮いている珍しい集落なので外国人観光客がたくさん訪れています。カンポンアイールへは首都バンダルスリブガワンのブルネイ川の水上にあるので水上タクシーで行くことができます。

ブルネイおすすめ観光スポットエンパイヤホテル

前項でブルネイの歴史がある水上集落を紹介しました。水上集落はスラム街とまではいきませんが所得の少ない人達が生活しているエリアです。そのエリアと真逆になるのがこれから紹介するエンパイヤホテルです。エンパイヤホテルはブルネイで唯一の5つ星ホテルです。下の写真のように周りが自然に囲まれており、海岸部に接しているホテルなので海や山で様々なアクティビティをすることができます。海はプライベートビーチになっているので綺麗な海を独占することができます。また山ではゴルフやサイクリングをすることができます。ホテルの施設も5つ星だけあってホテル内プールやスパ、ジムが併設されており、1日中ホテルで過ごしても飽きません。このような5つ星ホテルですがブルネイは物価が安いため比較的安く泊まることができます。ブルネイ観光に訪れた際はぜひエンパイヤホテルに宿泊されることをおすすめします!

ブルネイおすすめ観光スポットTeng Yun Temple

ブルネイと国境を接しているマレーシアやブルネイに近いインドネシアやシンガポールもそうですが、中国の影響が少なからずあり、China Townや中国の寺院がいくつかあります。Teng Yun Templeは中国系のお寺でモスクが多いブルネイにおいてお寺は珍しいので観光スポットになっています。Teng Yun Templeは首都バンダル・スリ・ブガワンのダウンタウンにあります。大きな建築物ではないのですが寺院内には漫画のような中国の歴史を記している物語が壁一面に描かれていたり、中国に由来するものが展示されています。中国の旧正月である2月は中華系の方が一同に集まり賑わっています。

ブルネイおすすめ観光スポットThe Mall

観光の醍醐味にショッピングも挙げられます。ブルネイにはあまりモールがないのですが、一番有名なモールがThe Mallです。The Mallには衣食住に関係する全ての物が揃っているのでここで全てそろえることができます。観光客にとってはブルネイでしか販売されていないようなローカル品が狙いどころです。東南アジアは物価が安いので安く購入することができるのでばらまき用のお土産をお探しの方にThe Mallはおすすめの場所です。またレストランも充実しておりローカル料理から中華、韓国、ヨーロッパ料理のレストランがあるので食の心配はありません。

ブルネイおすすめ観光スポットキアンゲ・オープンマーケット

ブルネイ市民の台所よ呼ばれているキアンゲ・オープンマーケットはブルネイ市民のリアルな生活風景をみることができる場所です。半野外のような建物には食糧品から衣服、雑貨のお店がずらりと並んでいます。値段はあってないような物で欲しいものがある場合は都度店員さんと交渉して購入します。生の食料品はさすがに観光客の方にはおすすめできませんが加工されたお菓子などは市内のお店で購入するよりも安価ですのでおすすめです。

ブルネイおすすめ観光スポットThe Empire Hotel & Country Club, Brunei

東南アジアはゴルフ大国と呼ばれており日本からたくさんの観光客が訪れていますがブルネイもその1つです。ゴルフ大国と呼ばれている所以は日本に比べてプレー代がやすくキャディさんが1人1人つくなどサービスがいいからです。ブルネイは他の周辺国に比べてゴルフ場の数は多くないのですが、綺麗な場所が多きので観光客に人気があります。一番ブルネイで綺麗と呼ばれているのがさきほど紹介したエンパイヤホテルの敷地にあるThe Empire Hotel & Country Club, Bruneiです。海に面しているコースなので自然が多く景観は抜群で、コース内には池やバンカーが要所に設けられているので難易度の高いコースで上級者、中級者向きのコースです。自然の中でやるゴルフはなんとも言えない爽快感があります。ゴルフ好きの方はゴルフバックを持って行かれることをおすすめします。

ブルネイおすすめ観光スポットPantai Mentiri Golf Club

Pantai Mentiri Golf ClubのPantaiというのは日本語で海岸という意味です。名前の通り海に面したゴルフ場で反対側は自然の中にあるゴルフ場なのでとても綺麗な場所です。ここはコースが広く、平坦なコースが多いので初心者の方でも楽しくプレーすることができます。料金も日本でプレーする半額以下でできるのでおすすめです。
ここまでブルネイのおすすめ観光スポットを19箇所紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?海と自然に囲まれているブルネイは海と山両方でのアクティブティが充実していたり、観光名所であるモスクはお城のようなきらびやかな場所が多く、ホテルは5つ星なのに安いといったとても魅力的な場所です。ブルネイはあまり有名な国ではないので旅行地に挙がらないのですが、これでブルネイの魅力が分かっていただけたと思います。ブルネイには残念ながら直行便の就航はありませんが、日本から香港やシンガポール、マレーシアを経由して8-9時間で行くことができます。ぜひ次回の旅行先にブルネイも加えてみてくださいね。最後に1つアドバイスですが昨今イスラム教が関係する国ではテロが多発していますね。ブルネイでは大きなテロは起こっていませんがこれから何が起こるかわかりません。ラマダン時期はテロが発生する危険性が高まるのでこの時期だけは避けましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/145312786@N07/41073559802/sizes/z/