Gc4psdmgjcing9dnv2ux

台湾

CATEGORY | 台湾

【2019年版】奇岩がゴロゴロ!台湾・野柳の不思議な魅力をご紹介♪

2019.01.10

台湾中部に“野柳地質公園”があります。行ってみないと魅力が分かりませんが、ここには奇妙な形をした岩がたくさんあり、間近で見る野柳の岩に圧倒されてしまうでしょう。ここではまさに幻想的な風景を見る事ができます。台湾へ初めて行く人へ行き方や魅力を紹介します。

  1. 【台湾】野柳の風景の魅力や行き方①野柳地質公園とは?
  2. 【台湾】野柳の風景の魅力や行き方②不思議な岩と海の世界
  3. 【台湾】野柳の風景の魅力や行き方③野柳地質公園への行き方
  4. 【台湾】野柳の風景の魅力や行き方④台北から日帰り「夜市」へ行こう!
  5. まとめ
Rudtnt1dmhig6ixqxsne
引用: https://www.instagram.com/p/BiJ4r4WgBSJ/
台北の東部、約30キロ位の場所に「野柳地質公園」という所があります。アメリカのCNNテレビクルーたちはこの「野柳地質公園」の事を“火星に一番近いところ”だと表現されたことでも有名です。たしかに同じ地球にある場所とは程遠い風景です。
I3lpstb25rufhp9arikm
引用: https://www.instagram.com/p/BsF50R7Hozx/
それだけ珍しい光景が壮大に広がっています。この突起しているのは全て“岩”です。このことを“奇岩”と現地の人は表現しています。実はこの奇岩はとても価値があり、この岩が人工的に造られたものではなく、あくまでも大自然が造りあげた素晴らしい奇岩群です。ここは観光スポットとしても有名で、台湾を訪れたならぜひ出かけてほしいですね。
引用: https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/album/src/10/69/39/src_10693938.jpg?updated_at=1423284528

開園時間について

開園時間があります。基本的には8時から17時までおとなっていますが、すでに天候が悪化した場合や急な悪天候になった場合などは休園となる場合があります。

入園料について

入園料は大人80元(日本円で約264円くらい)、学生であれば半額の40元(日本恵円で約132円くらい)です。
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cdn.travel-star.jp/production/imgs/images/000/074/417/original.jpg?1534925278
空から見ると、確かに地球上で見られる光景ではなく、これが火星と言われたら信じてしまいますよね!このような風景が最大の幅ではおよそ300メートル位しかありませんが、全長は岬の先端の方までがだいたい1.7キロくらいまでこのような奇岩が林立しています。
N093ywjavqdmtdlldldx
引用: https://www.instagram.com/p/BrVGaV-AxUK/
よく見てみると、赤茶色の奇妙な色をした、まるでキノコのような物体の岩がゴロゴロと林立しています。このような茶色い土に、奇妙な色や形をした岩があるのは、本当に大自然が造り出した不思議な世界です。
Aqtu7w1ovpwejdp5jnpq
引用: https://www.instagram.com/p/Br-OBvLB-NG/
野柳地質公園へ行くにあたり、日本から行く方法はいろんな交通手段があります。というのも、どのような基準やルートを使って旅行をするかにより変わってくるからです。バスを利用する場合が多いようですが、中にはバスに揺られることが苦手という人もいるようなので、ある程度電車を使い、少しでもバスの利用時間を少なくする方法もあります。

台北駅から野柳地質公園までバスで行く方法

Wxseghqursbeo6l6udom
引用: https://www.instagram.com/p/Br9NTDKHF3a/
台北駅の北東側に「國光客運台北車站」という建物があります。そこから“國光客運の1815”というバスに乗ってください。バスは10分~20分間隔くらいでくるので慌てずに行動してください。バスの運賃の支払いですが、元気での支払いでもだ大丈夫なのですが、スムーズに支払いを進めるためにも台湾で発行している「悠遊カード」や「ICカード」を使用して運賃の支払いを行います。料金は片道96元(日本円で約316円)くらいです。
引用: http://youmemo.com/wp-content/uploads/2013/03/DSC00927-1024x680.jpg

観光ツアーの場合

ツアーを利用する場合、観光バスで行くと現地まで言ってくれるでこちらの方で行くのが良いのかもしれません。もし自分でバスを乗り継いで行くとするば、労力や時間も負担になり大変かもしれません。台北の市内観光のついでに野柳地質公園経由ができるならこちらがおすすめです。
引用: http://www.tabitabi-taipei.com/more/2010/0608/8Hb.jpg
せっかく台湾へ行くのであれば、台北「夜市」へ行きましょう!夜市は毎日17:00~21:00頃まで営業しています。そのため台北の夜はとても賑やかで、ホテルにいるのはもったいないのです。アクセスは地下鉄(捷運)淡水線「劍潭駅」から、徒歩5分ほど、駅を降りたらみんなが一斉の同じ方向を向いて歩くので、その列についていけば到着できます!
引用: https://1.bp.blogspot.com/-BBLt7ojEIWc/Vu9bS-otcaI/AAAAAAAAY7E/r5jiPvbVj3E1ydE9NWVe0g0OA00XZHjYg/s1600/Resized_DSC05318.JPG
夜市は日本で例えるならば、巨大な夜店というような感じでしょうか。いろんな食べ物や飲み物をが売られていたり、その他にも雑貨や衣料品、アクセサリーなどいろんな物が売られています。特に食べ物に関して言えるのは、その場で作り立てのものがその場で味わえるというのが利点でしょうか。出来立てアツアツの物がすぐ食べられるので、まるで巨大なお祭りの洋です。しかも日本よりも低価格なのでぜひおすすめです!
台湾旅行へぜひ足を伸ばして行ってほしい「野柳地質公園」を紹介させていただきました。台北市内からでも約バスで1時間半くらいで行くことができます。台北市内からそんなに離れていない場所であっても、こんなに地球からかけ離れた奇妙は岩が並んでいる光景はここだけでしょう。また、日帰り行くことができるので、夜には台北の夜市まで足を運んで楽しい時間を費やしてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://image.tabinaka.co.jp/tour/w700-2414_dfc8921e61624428eecd73d576cbd947.jpg