C8oh3m9qrmifg1ozy2xz

台湾

CATEGORY | 台湾

【2019年版】台湾でレンタルバイクを借りるには?注意点などをチェック!

2019.01.10

初めての台湾旅行でレンタルバイクを借りる際について、手順や借りる際に必要な物、大型バイク、二人乗り、免許についてなど、台湾のレンタルバイクについて、いろいろチェック項目があるのでぜひ一緒に見てみましょう。楽しい台湾旅行の役立つ情報を発信します。

  1. 台湾でレンタルバイク!大型・二人乗り・免許など注意点もチェック!①レンタルバイクで用意するもの
  2. 台湾でレンタルバイク!大型・二人乗り・免許など注意点もチェック!②レンタルバイクを借りる流れ
  3. 台湾でレンタルバイク!大型・二人乗り・免許など注意点もチェック!③注意点をチェックしよう!
  4. 台湾でレンタルバイク!大型・二人乗り・免許など注意点もチェック!④レンタルできるお場所
  5. まとめ
引用: http://taiwanwind.jp/wp-content/uploads/2016/11/2016113052.jpg
台湾でレンタルバイクをする場合、「パスポート」「日本の免許証」「免許証の中国語翻訳文」の3つを用意する必要があります。「パスポート」と「日本の免許証」は恐らく心配はないと思いますが、「免許証の中国語翻訳文」についての解説をしていきます。

免許証の中国語翻訳文の取得方法

日本で取得する場合、全国にある“JAF翻訳文発行窓口”で行います。台湾で行う場合、公益財団法人交流協会“台北事務所”もしくは“高雄事務所”で発行することができます。さらに詳しく調べたい人はJAFのHPで確認してみてください ※JAFの公式ホームページ→http://www.jaf.or.jp/inter/taiwan/

国際運転免許証は台湾では使えない

引用: http://wr250.up.n.seesaa.net/wr250/image/E3838FE38299E382A4E382AFE8BB8AE7B79A.png?d=a3
もちろんのことですが、日本の免許証で台湾で運転をする事ができません。また皆さんが良く勘違いをする国際免許証があっても運転はできません。※引用を参照してください
これは台湾がジュネーブ条約の非加盟国である為です。日本はジュネーブ条約に加盟しているので加盟国においては国際運転免許証が通用するのですが、台湾は非加盟国なので通用しないのです。そこで必要になるのがこの「免許証の中国語翻訳文」というわけです。

引用: http://taiwanwind.jp/wp-content/uploads/2016/11/2016113051.jpg
レンタルバイクをの流れを説明します。台湾では、レンタルバイクができるお店がある程度集中しています。ですが、実際どのお店がレンタルバイクのお店か分かりにくいと思いますが、「租機車」または「機車出租」という文字が見えたらそこがお店となります。
引用: http://wr250.up.seesaa.net/image/DSC_0001-thumbnail2.jpg

借りる一連の流れ

1.バイクをレンタルしたい旨を伝える 「我想租機車」と紙に書けばある程度分かるのでOK! 2.バイクのタイプ、レンタル日数を決める 50cc、100cc、125ccなど、大型のバイクを借りたいなど希望があれば、タイプを選んでください。もちろんそれなりに値段が違うので、しっかりと確認してください。 3.書類に必要事項を記入する 書面はそんなに難しい記入はありません。氏名と電話番号くらいです。 4.清算して免許証を預ける バイクと引き換えに自分の免許証を預けます。もちろん返却時には免許証を返してくれるので安心です。 5.操作方法などの説明を受けヘルメットとキーを受け取る 台湾ではバイクの二人乗りが当たり前なので、ヘルメットについては2人まで貸してくれます。二人乗りのつもりなら最初から借りておくと良いでしょう。
引用: http://magazine.zerocustom.jp/asset/entry-80/3.jpg
引用: http://punpun-dream.info/wp-content/uploads/2018/03/180318_penghu_10-728x546.jpg
まずがガソリンのチェックを行ってください。台湾のガソリンの種類は“柴油、92、95、98”の4種類あります。どのガソリンが必要なのかお店の人に聞いておきましょう。またバイクにへこみやキズが無いか確認しておいてください。
引用: http://wr250.up.seesaa.net/image/mongolila01-thumbnail2.jpg
そしてお店によっては行動範囲を聞かれることがあります。行動範囲で遠方まで行くとお店側として心配してしまうからです。行動範囲が狭いなら特にの問題ありませんが、お店側も心配しているつもりで聞いてくるため不審に思わず、暗線運転で行動してください。そして返却時はガソリンを満タンにして返却してくださいね。
引用: https://cocointwblog.com/wp-content/uploads/2018/06/Photo-2018-03-11-9-45-45-890x500.jpg

台南

台南駅周辺に多くあります。台北などに比べると比較的安価です。低料金ならばこのあたりでレンタルするのがおすすめです。
引用: https://s.aolcdn.com/hss/storage/midas/fc0c838e9e50ca6d3b2b879491805dd8/205713741/dims_s.jpg

台中

台南とは逆に料金が高めに設定しています。特に海外の人が利用する人気の場所です。

台北

レンタルできるバイクの種類が多くある場所で、交通量が多く観光客が多く滞在している所です。しかもバイクを泊めるスペースを見つけるのが大変と言われていますが、観光目的が比較的近場であれば、レンタルしてもいいのではないでしょうか。
引用: https://img-cdn.guide.travel.co.jp/article/517/20141128000613/01B8B7946B0D4A7E89BC233647AF4C0D_L.jpg
台湾という国は正直バイクなしでは行動することができません。ですので、バイクをレンタルできるお店がたくさんあります。また台湾でレンタルバイクをする時の手続きは少し面倒な所がありますが、申請方法などやレンタル方法はそんなに難しくありません。とにかく台湾の交通事情はバイクが多く行きかったり、右側通行なので、ぜひ安全運転を行ってください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/pict/src/37/31/87/src_37318764.jpg?1423308708