Clizixjgrrhz6cnpx7ei

チェコ

CATEGORY | チェコ

【2018年完全版】プラハ旅行のおすすめ観光プランをまとめてご紹介!

2018.03.11

チェコの首都プラハには、中性ヨーロッパの街並みが広がり、赤い屋根の景色には圧倒されます!「百塔の街」と呼ばれ華やかな景色に多くの観光客が訪れます。ぜひ、素敵な景色が広がるプラハへ旅行をしてみませんか。では、おすすめのプラハ旅行についてご紹介します。

  1. プラハとはどんな国?
  2. プラハ旅行おすすめプラン①プラハ城
  3. プラハ旅行おすすめプラン②旧ユダヤ人墓地
  4. プラハ旅行おすすめプラン③カレル橋
  5. プラハ旅行おすすめプラン④聖ヴィート大聖堂
  6. プラハ旅行おすすめプラン⑤フラチャニ広場
  7. プラハ旅行おすすめプラン⑥天文時計
  8. プラハ旅行おすすめプラン⑦旧市街広場
  9. プラハ旅行おすすめプラン⑧国立博物館
  10. プラハ旅行おすすめプラン⑨カフカ博物館
  11. プラハ旅行おすすめプラン⑩ストラホフ修道院
  12. プラハ旅行おすすめプラン⑪聖ミクラーシュ教会
  13. プラハ旅行おすすめプラン⑫ティーン教会
  14. プラハ旅行おすすめプラン⑬シナゴーグ
  15. プラハ旅行おすすめのプラン⑭プラハ市民会館
  16. プラハ旅行おすすめプラン⑮火薬塔
  17. まとめ
チェコ共和国の首都はプラハになります。以前はチェコスロバキアと呼ばれていましたが、1993年に分離しチェコ共和国とスロバキアへ独立した1つずつの国になりました。チェコのプラハはヨーロッパの中でも最も美しい国と言われるほど、古い街並みに歴史的建造物が多くあります。
1Kč=約4.45円、€1=約27.02Kč。 紙幣は100Kč、200Kč、500Kč、1000Kč、2000Kč、5000Kč。 硬貨は1Kč、2Kč、5Kč、10Kč、20Kč、50Kč。

プラハの言語とは?

チェコのプラハの言語はチェコ語ですが、観光地・ホテル・レストランなどでは、英語かドイツ語が話されています。
Ugxfohzmcsmqmhzw8wkw
引用: pixabay
チェコ・プラハの観光名所の人気はやはり「プラハ城」ですよね。美しく壮大なお城はボヘミアン国王が繁栄した14世紀に建てられました。プラハ城には、世界最大級の規模がある敷地内に、「聖ヴィート大聖堂」や「旧王宮」に「黄金の路地」といった数多くの人気観光スポットがあります。
プラハ城は世界でも最も大きい城の一つであり(「ギネスブック」によると、最も古くて大きい城である)、敷地の広さは東西430メートル、南北70~140メートルで細長い形をしており、大きさは長さは約570m、平均の幅は約130mである。10世紀には既にこの大きさであったと考えられている。

おすすめの観光スポットは、「旧ユダヤ人墓地」。プラハには、かつてたくさんのユダヤ人が住んでいましたが、ナチス・ドイツ迫害のために、チェコに残るユダヤ人はほんの少しの数になってしまいました。このユダヤ人墓地は、ユダヤ人独特な雰囲気を感じることが出来ます。
プラハのカレル橋は、ヴルタヴァ川に架かるプラハで最古の橋になります。この美しいカレル橋は、なんと600年もの歴史があるのです。歩行者天国になっているカレル橋は、大勢の観光客にお土産の露店などがあり橋を渡るのはとても楽しいです。なかなか向こう岸につかないかもしれませんね。。。
Mkp3kxrpbqkgxocaipyc
引用: pixabay
プラハ城の中で大きな規模を持つ「聖ヴィート大聖堂」は、ゴシック様式の美しいたたずまいです!1番高い塔の高さは99メートルもあり、内部の幅は60メートルに奥行きは124メートルもあるのです。内部には色鮮やかなステンドグラスに圧倒されますよ!
「フラチャニ広場」は、高台にありプラハの美しい街並みを一望できる人気のある観光スポットです。映画「レ・ミゼラブル」や「アマデウス」などのロケ地になったことで有名になりました。ぜひ、美しいプラハの街を高台から見てくださいね!
旧市庁舎には「天文時計」があり、1410年に時計職人に作られ今現在も時間を刻んでいるのです。9:00~23:00の毎時丁度に「12人のキリストの使徒」が仕掛け時計で現れるのです!ぜひ、まじかで見てみたいですよね!
カレル橋とヴァーツラフ広場との間は、「プラハ旧市街の中心部」となっています。歴史的建造物が多く並び、由緒ある広場になっています。旧市街には昔からチェコ独自の文化があり、芸術家に研究者に作家と多くの有名な人が生み出された街でもあるのです。お出かけする拠点は、このプラハ旧市街広場からになります。毎日多くの観光客や地元の人たちで賑わう楽しい広場です。馬車やクラッシック・タクシーに乗るものこの広場から。また、市内を回るトロリーもこの広場からになります。屋台で軽食を食べることもできますよ。
プラハの国立博物館は、映画「ミッション・インポシブル」でアメリカの大使館としてロケ地になりました。国立博物館の館内には、化石・鉱山などの自然に関するものが多く並んでいます。
フランツ・カフカ(Franz Kafka, ときにチェコ語: František Kafka, 1883年7月3日 - 1924年6月3日)は、出生地に即せば現在のチェコ出身のドイツ語作家。プラハのユダヤ人の家庭に生まれ、法律を学んだのち保険局に勤めながら作品を執筆、どこかユーモラスで浮ついたような孤独感と不安の横溢する、夢の世界を想起させる[1]ような独特の小説作品を残した。その著作は数編の長編小説と多数の短編、日記および恋人などに宛てた膨大な量の手紙から成り、純粋な創作はその少なからぬ点数が未完であることで知られている。

チェコの作家「フランツ・カフカ」は20世紀を代表する人物の一人ですね。カフカはプラハの旧市街地で生活をしここの風景から作品を多く世に生み出していたのではないでしょうか。カフカ博物館は、カレル橋から徒歩5分ほどの場所にあります。ぜひ覗いてみてくださいね。
「ストラホフ修道院」の中には、中世ヨーロッパのそのままの図書館があるのです。世界一美しい図書館と言われる図書室には、哲学・神学との2つに分かれています。ストラホフ修道院は、1120年に創立した「プレモントレ会修道院」の中でも最も古い修道院となります。007などの映画のロケ地ともなり有名な観光スポットです。
18世紀に完成した「聖ミクラーシュ教会」は、マラー・ストラナ広場の真ん中に立つバロック様式の教会です。夏場になるとよくクラッシックコンサートが開かれる教会になっています。内部は、バラ色の大理石にフレスコ画の祭壇や絵画があり、見どころ満載の教会です。ぜひ、クラッシックの音楽を素敵な教会で聞きたいですね!
14世紀に建てられた「ティーン教会」は、2本の尖塔がとても特徴的なのです。高さは80メートルもあり、尖塔の先には球体が付けられ、真ん中には「聖母マリア像」が装飾されています。「百塔の街プラハ」を象徴する美しい見どころ満喫の教会です。
G83pobou38i8g87tzccx
引用: pixabay
「シナゴーグ」とは、ユダヤ教の教会のことです。ナチス・ドイツによって殺害された人たちの名前が刻まれています。プラハにはユダヤ人に関わるものが数多くあります。ユダヤ人が大切にしてきた伝統的ものを身近に感じることができます。
観光スポットの”プラハ市民会館”は、アール・ヌーボー様式となっており、チェコの有名な建築家によって設計されました。優雅な曲線の装飾が何とも言えない美しさです。
「火薬塔」は、共和国広場の前にあります。この塔は、灰がかかったような黒い建物になっています。夜にはライトアップがとてもきれいですので、昼と夜に訪れたいですよね。また、螺旋階段を登ると見事な絶景が広がっています。ぜひ頑張って登ってみてくださいね。
いかがでしたか。チェコのプラハは旧市街と新市街とになっており、ユダヤ人街に中性ヨーロッパの街並に見どころ満載のプラハになります。治安も比較的に良いため十分楽しめることが出来ます。素敵なチェコはプラハの旅行となりますように!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: pixabay