Is7tgrtelk5q8wfvmgfn

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

ダラス空港まとめ!知ってると得する便利な利用方法【2019年版】

2019.04.24

アメリカテキサス州の中では一番多く利用され、世界で3番目に忙しいと言われている、ダラス空港。規模も"テキサスサイズ!"と言わんばかりの大規模な空港ですが、そのダラス空港の詳細やアクセス方法、お土産が買えるショップや食事ができるお店など役立つ情報をご紹介します。

  1. ◆ダラスって?
  2. ◆ダラスの市内(ダウンタウン)
  3. ◆ダラス空港
  4. ◆ダラス空港は大きいし広い!ターミナルは5つ!
  5. ◆ダラス空港アクセス①:タクシー
  6. ◆ダラス空港アクセス②:バス「DART (Dallas Area Rapid Transit)」
  7. ◆ダラス空港アクセス③:相乗りのバン
  8. ◆市内からダラス空港へは?
  9. ◆ダラス空港に隣接されたホテルも充実!
  10. ◆ダラス空港での乗り継ぎについて
  11. ◆ダラス空港で買えるお土産「カウボーイグッズ」
  12. ◆ダラス空港で買えるお土産「ロッキーマウンテン・チョコレートファクトリー」
  13. ◆ダラス空港で買えるお土産「Lick Candy Store(リック・キャンディ・ストア)」
  14. ◆ダラス空港の免税店
  15. ◆ダラス空港での食事①テキサスといえばお肉!「Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー)」
  16. ◆ダラス空港での食事②手軽にベーグルサンド!「Einstein Bros. Bagels(アインシュタイン ブラザーズ(ブロス) ベーグル)」
  17. ◆ダラス空港でちょっとリフレッシュ
  18. ◆ダラス空港周辺の観光でおすすめ1:「アメリカン・エアラインの博物館 "C.R. Smith Museum"」
  19. ◆ダラス空港周辺の観光でおすすめ2:ダラス美術館
  20. ◆ダラス空港まとめ
そもそも、ダラスという都市がどういう都市なのかご存知でしょうか?まずはそれからご紹介していきます。ダラスは、アメリカ南部、テキサス州の北部にある世界都市です。また、ダラスの人々はフレンドリーでとても親しみやすい方々が多い印象です。ダラス市内にはトリニティ川も流れ込んでおり、周辺には湖も多いため、釣りを楽しむ人々も多く、自然も豊かな街です。気候は、昼と夜の気温差が激しいのが特徴的。春と秋が一年の中でも温暖で過ごしやすいですが、この時期は雨季にもあたるため雨対策は必須です。春は特に雷雨や嵐になることもあるため要注意。夏は、暑い時には40度を超えることもあり、逆に冬は氷が張る寒さにもなります。
ダラス市内のダウンタウンは、高層ビルが並ぶオフィス街の印象が特徴的です。ダラス市内で有名な場所といえば、ウエストエンドという駅近く、教科書倉庫ビル付近のケネディ暗殺事件場所があります。どこにでもあるような普通の道のような場所ですが、ケネディ暗殺事件というダラスが有名になった歴史的事件がまさに起こった場所であり、観光地として訪れる方が多いです。また、市内のウエストエンド・マーケットプレイスというショッピングセンターもお土産などが購入でき、食事ができる場所もあるのでおすすめです。あとは、ダラスのシンボルでもある200mの高さがあるリユニオンタワーも人気があり、展望タワーからは、ダラス市内の街並みを360度見渡すことができます。夜には、昼とはまた異なったダラスの夜景も一望することができるスポットです。
続いては、ダラス空港についてご紹介していきます。テキサス州のダラスとフォートワースという街の間に位置しているため、正式名称は、ダラス・フォートワース国際空港(Dallas/Fort Worth International Airport)と呼ばれ、よく空港スリーコードである"DFW"と呼ばれます。ダラスの中心からもアクセスしやすいダラス空港は、テキサス州のなかでも最も大規模な空港でお土産を買うのも食事をするのにも困ることはないくらい設備は揃っています。世界でも3番目に忙しい空港と言われており、ハブ国際空港として、北米や中米、南米への多くの乗り継ぎフライトを利用する方も多いのがこの空港の特徴です。
ダラス空港は、お土産ショップや食事ができるお店などのほとんどの施設がそろっており、規模もアメリカの中でもとても大規模な空港です。実際にターミナルは、ターミナルAからターミナルEまで5つもあるほどの規模なのです!さすがアメリカサイズ!5つもターミナルがあるなんて、考えただけでも広くて迷いそうな印象をうけますよね。この5つのターミナル間は歩くこともできますが、かなりの距離になるため、移動には無料シャトルやモノレールを利用することができます。このシャトルやモノレールを使って行き来し、色んなお土産ショップめぐりをしたり、お気に入りのお店を探して食事をするのも面白そうですね。
それでは、次に空港からダラス市内までのアクセスについてご紹介していきます。まず、アクセス方法その1は「タクシー」です。タクシーの魅力は何と言ってもスピードと手軽さです。タクシーであれば、空港からダラス市内まで、約20分~30分程で行くことができ、金額は大体50ドルほどで行くことができます。特に、時間がない時やアクセスの手軽さを考えればタクシーがおすすめです。タクシーは空港ターミナルの2階の出口から乗ることができます。
続いての市内までのアクセス方法は、「DART」というバスでのアクセス方法です。「DART」は”Dallas Area Rapid Transit”の頭文字をとっています。アメリカダラスを本拠地に置く公共交通機関で、バスやライトレールなどがあります。DARTでの空港からの市内へのアクセス時間は約1時間ほどかかりますが、片道3ドルかからないくらいという安さで市内までアクセスできるため、時間は気にせずとにかく安く市内まで行きたいという方におすすめです。
続いてのアクセス方法は、「相乗りのバン」です。空港から市内まで、DARTよりも早く、タクシーよりも安く行きたい!という方には、”スーパーシャトル”と呼ばれる相乗りバンが、おすすめのアクセス方法です。約20ドル前後で、特別渋滞がない限りは大体30分~40分程で市内まで行くことができます。相乗りなので、一人だけの乗車では発車しませんが、待っても10分ほどで相乗りになるので待ち時間はあまり気になりません。
市内から空港までのアクセスも同様に、タクシー、電車やバスを利用できますが、時間がない場合は20分~30分で移動ができるタクシーが便利です。市内のケネディ暗殺事件があった、教科書倉庫ビル周辺はあまりタクシーは停車していないため、タクシーが捕まらなかったら近くの大きな駅に行ったり、大きめのホテルにタクシーを呼んでもらうよう頼むと良いと思います。
ダラス空港は、一般的な空港よりも周辺のホテルが充実していることが特徴的です。特にダラス空港には、ハイアットホテルが併設されており、ターミナルCから徒歩で行くことができるため、多くのトランジット利用者や宿泊者にとって便利なホテルとなっています。さすが、乗り継ぎ利用が多いハブ空港ならではの特性ですね。乗り継ぎや時差ボケなどで体力的に疲れていても、空港併設のホテルなので、飛行機から降りたらすぐにチェックインしてゆっくりと休むことができます。また、レストランもあるため、ホテルにきてからゆっくりと食事をすることもできます。
ダラス空港は、乗り継ぎ利用者が多いとお伝えしましたが、前述通りとても規模が大きく広い空港なので、乗り継ぎをする際には、乗り継ぎ時間には余裕をもっておくことをおすすめします。ダラス空港にはターミナルが5つありますが、ターミナル間も距離があり移動するのにも時間がかかります。広い空港のなかで搭乗ゲートが急遽変更になったということもざらにあるため、余裕をもってゲートを確認しておくと、広い空港内でのお土産探索や空港でのお食事をさらに楽しめるでしょう。
テキサスといえば、カウボーイ!のイメージが強いですよね。ダラスの人気のお土産のひとつがウェスタンスタイルのグッズです。日本でも、テキサスから直輸入するウェスタングッズのセレクトショップを見かけることがあるかと思いますが、お土産として渡しても喜ばれる人気のダラスのお土産です。ニューヨークやサンフランシスコなどの大都市空港では見ないような、ウェスタンスタイルのお土産がチョイスできるでしょう。ダラス空港内では、ウェスタンテイストのアイテム、雑貨を扱うお店が多いのも特徴的で空港内を歩いていると色んなウェスタングッズを見つけることができます。カウボーイと言えば!のハットやジャケット、シャツやブーツ、小物などお気に入りアイテムのお土産を探してみてください。
続いてのおすすめのお土産は、ターミナルDにある「ロッキーマウンテンチョコレートファクトリー」のチョコレートです。見た目も可愛く、まさにSNS映えするチョコレートがずらりと並んでいます。特に、リンゴを丸ごと使ってキャラメルでコーティングしたスイーツはインパクト大!たくさんの色んなトッピングがされていてカラフルなラインナップです!「ロッキーマウンテンチョコレートファクトリー」は、アメリカでも店舗数1位を誇るほどの人気チョコレートブランドで、日本にも店舗があり人気のお土産スイーツです。空港での食事後のデザートとして楽しむのも良いかもしれませんね。
次のおすすめのお土産ショップは、ターミナルEのゲートE33付近にある「Lick Candy Store(リック・キャンディ・ストア)」です。お店全体もカラフルでまるで遊園地に来たかのような、見ているだけでワクワク感を感じるキャンディストアです!色鮮やかなキャンディはバラマキ土産として渡すのにもとってもおしゃれ!お土産だけでなく、パーティで使う用に買ったり、食事の後や機内で小腹が空いた時用に購入するのもおすすめです。
ダラス空港の免税店は、ターミナルAとターミナルBにあり、ブランドが好きな方やショッピングが好きな方におすすめです。みなさんがご存知の有名ブランドの化粧品や香水などのアイテムが豊富で、ウィンドウショッピングをしているだけでもテンションが上がります。日本ではあまりみないようなアパレルブランドなども入っており、見応えありです。見入ってしまうと時間があっという間にすぎてしまうので、フライト時間には間に合うようにショッピングをお楽しみください♪
テキサスといえばお肉!バーベキュー!ですよね。フライトの合間でも、是非ダラスへ来たらここ「Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー)」でテキサスの食事をお楽しみください。ここ「Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー)」は、ターミナルBにあります。空港以外でも、テキサスの街にもいくつか店舗を構えていて、このお店ではがっつりしたバーベキューの食事を味わえます。メインとサイドディッシュが選べますが、どれも美味しくて地元の人にも愛されています。テキサスに来たからには、是非がっつりしたテキサスバーベキューの食事を味わってみてください。
アメリカの街中でもよく見かけるベーグル屋さん「Einstein Bros. Bagels(アインシュタイン ブラザーズ(ブロス) ベーグル)」は、フライト前後の手軽な食事をしたい時におすすめのお店です。なんといってもこのお店の二人のおじさんが並ぶマークが可愛くて印象的です。人気のあるサーモンを使ったベーグルは絶品ですし、価格もお手頃です。ベリーを使ったベーグルもデザート感覚で楽しむことができます。フライト前後のライトな食事にいかがでしょうか。
ここ、ダラス空港には疲れた身体をリフレッシュできるヨガスタジオも完備されています!さすが乗り継ぎ便が多い国際ハブ空港ですよね。ここのヨガスタジオはターミナルDにあり、なんと24時間利用できるという長時間フライト利用者には嬉しい場所となっています。パーテーションで仕切られているので、プライベートな空間で飛行機を眺めながらリラックスしてヨガをすることができます。疲れた身体をリフレッシュできますし、疲れていた気持ちも吹き飛びます。ちなみにダラス空港にはヨガやフィットネスウェアが揃うお店もあるのでこちらもあわせてご紹介します。「 Soybu(ソイブ)」というターミナルBにあるショップですが、女性に人気のおしゃれなウェアがたくさん並んでいます。色鮮やかでおしゃれなウェアも多く、これを着てヨガやストレッチをするだけでテンションが上がります。こちらのお店でヨガグッズを購入してからヨガスタジオでのリラックスタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。
"乗り継ぎの時間が少しあるけど、市内まで行くにはあまり時間がない” そんな方におすすめのダラス空港周辺の観光スポットをご紹介します。まず、一つめは「アメリカン・エアラインの博物館 "C.R. Smith Museum" 」がおすすめです!空港のすぐ南側、車で5分程のところに位置している博物館なので、乗り継ぎまであまり時間がない方もすぐ行くことができます。しかも入場は無料!日本の飛行機好きや航空好きにはたまらない場所ですが、もちろん飛行機にあまり興味がない人でも楽しめる場所になっています。飛行機がどのように飛ぶのかを知ることができたり、飛行機ファンのこころをくすぐる模型たちが展示されています!そのなかでも目玉の展示が、2枚目の写真にあるダグラスDC-3機!ダグラス DC-3機とは、アメリカの航空機メーカーである現ボーイング社、当時の名前だとダグラス・エアクラフト社が開発した1936年に運用された旅客機です。そのままの機体を見学することができるのが見どころです。また、ここのギフトショップでは飛行機ファン、航空ファンにはたまらない模型を購入することもでき、見応え満載です◎
続いてのダラス空港周辺の観光おすすめスポットは、「ダラス美術館」です。こちらも空港から程近いところに位置していますが、24000点もの所蔵作品がある広さで、見るのに時間も要するため、乗り継ぎ時間や観光時間に余裕があればぜひおすすめの観光スポットです。ダラス美術館は、常設展示エリアがなんと入場無料で、無料とは思えないほど多くのすばらしい作品が展示してあります。3枚目の写真にもある通り、草間彌生さんの有名なカボチャの作品も展示されています。広い美術館内はフロアごとに作品が異なり、全部で4フロアあります。2階にあるアトリウムカフェで一休みしながら見学するのもおすすめです。
ダラス市内やダラス空港の情報はいかがでしたでしょうか。世界で3番目に忙しいと言われる空港だからこその充実した設備や、おみやげショップ、グルメなどおすすめポイントがたくさんあります。ぜひダラスを訪れて、テキサスの雰囲気を楽しんでください。