Tx87meacprc8yz6lw8gd

北海道

CATEGORY | 北海道

札幌近郊の観光地でおすすめの穴場スポットは?厳選20【2018】

2018.05.26

札幌は北海道の道庁所在地であり、日本で最北端にある政令指定都市で日本の第5番目の人口を有する日本を代表する大都市です。札幌は年間1300万人もの観光客が訪れる観光地です。札幌近郊には魅力ある観光地が多くあります。札幌近郊の穴場の観光スポットを紹介します。

  1. 札幌ってどんな町?
  2. 札幌の名の由来
  3. 札幌近郊の穴場の観光地1: 大通り公園
  4. 札幌近郊の穴場の観光地2:さっぽろテレビ塔
  5. 札幌近郊の穴場の観光地3:狸小路
  6. 札幌近郊の穴場の観光地4:札幌時計台
  7. 札幌近郊の穴場の観光地5:北海道庁旧本庁舎
  8. 札幌近郊の穴場の観光地6:二条市場
  9. 札幌近郊の穴場の観光地7:北海道大学
  10. 札幌近郊の穴場の観光地8:北海道神宮
  11. 札幌近郊の穴場の観光地9:大倉山シャンツェ
  12. 札幌近郊の穴場の観光地10:藻岩山
  13. 札幌近郊の穴場の観光地11:円山公園
  14. 札幌近郊の穴場の観光地12:定山渓温泉
  15. 札幌近郊の穴場の観光地13:円山動物園
  16. 札幌近郊の穴場の観光地14:サッポロビール園
  17. 札幌近郊の穴場の観光地15:さっぽろ羊ヶ丘展望台
  18. 札幌近郊の穴場の観光地16:モエレ沼公園
  19. 札幌近郊の穴場の観光地17:サッポロテイネ
  20. 札幌近郊の穴場の観光地18:白い恋人パーク
  21. 札幌近郊の穴場の観光地19:中島公園
  22. 札幌近郊の穴場の観光地20:豊平館
  23. 札幌近郊の穴場の観光スポットに行ってみよう
札幌は北海道の道庁所在地で、北海道の人口の3割を占めている北海道を代表する町です。北海道は古くからアイヌ人が住むところとして知られており、1869年の北海道と改称されてから、札幌に開拓使が置かれてから、札幌の歴史が始まりました。1875年には屯田兵が入植しました。札幌は京都を参考に町づくりがされたため、大通り公園を中心に区画整備された町づくりになっています。そんな札幌近郊の魅力ある穴場の観光地を紹介します。
札幌の名は豊平川にアイヌ人が名付けた名称で、サッポロはアイヌ語で「乾いた大地」を意味しており、豊平川が乾季になると川の水が無くなるから、サッポロの名が付いたとも言われています。今では札幌は日本を代表する大都市であり、年間1300万人もの観光客が観光都市でもあり、様々なイベントの誘致も積極的に取り組んでいます。また2026年の冬季オリンピックの開催地に立候補しています。
大通り公園は札幌市を南北に分けている中心部にある公園です。大通り公園は札幌市の中心部にあることから市民の憩いの場所として人気があります。また四季に応じて花々が咲き乱れます。北海道らしい風景を楽しめる札幌を代表する魅力ある観光地でもあります。
札幌ならではのグルメも大通り公園では販売されており、北海道の味も満喫できます。大通り公園は札幌を代表するイベントを行われるスポットでも知られています。大通り公園は札幌近郊の穴場の観光スポットでもあります。
さっぽろテレビ塔は札幌市大通り公園にある電波塔です。1957年に完成した高さ147.2mです。さっぽろテレビ塔は札幌のシンボル的存在であり、ランドマークになっています。今ではライトアップされ札幌を代表する観光地になっています。
さっぽろテレビ塔には展望台があり、真下に大通公園の景観を楽しみながら、札幌市近郊の景色を楽しめる観光スポットになっています。さっぽろテレビ塔は、札幌近郊で穴場の観光スポットのひとつです。
狸小路は札幌近郊にある北海道最古に商店街で、1873年には狸小路の名の付いた商店街があったとされている歴史ある商店がいです。狸小路に名の由来には諸説あります。商店街ができた当時に狸がいたとされる説や言葉巧みなに男を誘った女たちを狸になぞられて説などがあります。
。狸小路は長さが 900mに約200もの店が軒を並べています。狸小路は札幌を代表する商店街で、札幌近郊の穴場の観光スポットです。
札幌時計台は札幌市の中心部にある三角屋根に大時計を乗せた特徴的な建物です。札幌時計台は重要文化財に指定されており、正式名称を旧札幌農学校演武場と称します。札幌時計台は札幌を代表する観光地として多くの観光客が訪れる観光スポットになっています。
札幌農学校は北海道大学の発祥地で、同大学と密接な関係にあります。そんなことから札幌時計台の1階は北海道大学附属図書館に所蔵されている資料が多く保存されています。札幌時計台は札幌の定番の観光スポットですが、札幌時計台の内部は穴場の観光スポットでもあります。
北海道庁旧本庁舎は北海道の象徴とされており、「赤れんが」の愛称で親しまれています。1888年に建てられたアメリカ風ネオ・バロック様式の建築物で、建築資材には北海道産のものが多く使用されています。使われているレンガは札幌近郊で製造されたものです。
またいたるところに使用されている赤い星は開拓使が自らシンボルにしたものです。北海道庁旧本庁舎は北海道の雰囲気を味わえる観光スポットです。北海道庁旧本庁舎は札幌近郊で北海道らしさを感じられる穴場の観光地でもあります。
二条市場は札幌市の中心部に位置している市場で、札幌市民の台所として100年以上の歴史があります。二条市場は明治初期に石狩浜の漁師が新鮮な魚の販売を始めたのがきっかけとされています。今では北海道近海で水揚げされて新鮮な海産物だけでなく、北海道各地で収穫された農作物まで販売しています。
そんなことから北海道のお土産を求める観光客の人気の観光スポットにもなっています。二条市場は札幌近郊の穴場の観光地でもあります。
北海道大学は1876年札幌農学校として開学しました。北海道大学構内は東京ドーム38個も入るような広大な敷地に豊かな自然があり、そこに歴史ある建造物がある札幌の観光地であります。中でも有名なのがイチョウ並木にポプラ並木です。
北海道ならではの雄大な光景を楽しめる北海道の観光スポットでもあります。北海道大学構内は誰でも気軽に入ることができるので、北海道の観光や札幌の観光に訪れることができます。北海道大学は札幌近郊で観光を楽しめる穴場の観光地です。
北海道神宮は1869年に蝦夷地が北海道と名付けられ、明治天皇の詔により、北海道の開拓・発展の守り神として創設されました。北海道神宮には4つの神様が祀られており、北海道の発展を願って多くの人が訪れる観光地になっています。
北海道神宮はパワースポットとしても知られており、道内外問わず多くの人々で賑わっています。春は桜の名所として知られており、札幌近郊の穴場の観光スポットになっています。
大倉山シャンツェはホテルオークラの創業者である大倉喜七郎氏が札幌市に寄贈した1932年に開業したジャンプ台です。1972年の冬季オリンピックでは「大倉山ジャンプ台」に名称が改められました。標高307m付近のジャンプ台のスタート点からは、札幌市街や石狩平野が一望できます。。
冬はスキージャンプの会場になり、賑わいます。またジャンプがないときでも、スタート地点には「展望ラウンジ」があり、展望が楽しめます。また夏でもサマージャンプを楽しめます。大倉山シャンツェは札幌近郊にある穴場の観光スポットでもあります
藻岩山は札幌市内にある標高531mの山です。藻岩山は国の天然記念物である藻岩原生林に覆われています。藻岩山の山頂には展望台があり、日本海の石狩湾から札幌市内が一望できる観光スポットです。また藻岩山は日本新三大夜景の選出される夜景で知られています。
藻岩山にはスキー場もあり、札幌市民の憩いの場所である観光地にもなっています。藻岩山にはロープウェイがあり、気軽に山頂に行けることから、観光客に人気の観光スポットになっています。藻岩山は札幌近郊の穴場の観光地スポットのひとつです。
円山公園は北海道神宮や円山動物園やスポーツ競技場が隣接している札幌市民の憩いの場所になっています。もとは北海道の開拓使が設置した樹木の試験場であったが、明治末から大正にかけて公園として整備されました。
円山公園には天然記念物に指定されている円山原生林があります。札幌近郊で北海道らしい大自然を満喫できます。また円山公園ではリスや野草や野鳥なども観察できます。また春は桜の名所として知られており、多くの花見客で賑わいます。円山公園は札幌近郊にある穴場の観光スポットです。
定山渓温泉は札幌郊外にあり札幌の奥座敷と言われている渓谷の温泉です。札幌市内から南に約26kmにあり、支笏洞爺国定公園内にあります。秋になると渓谷は赤く色づき、美しい渓谷美を見ることができます。
定山渓温泉では自然の中で、アクティビティが充実しており、乗馬やスキーなどが楽しめます。定山渓温泉の開湯は古く1866年にアイヌ人に源泉を紹介されたのが、始まりとされています。定山渓温泉は札幌近郊の穴場の観光スポットです。
札幌市の円山公園にある動物園で、北海道の中核の動物園であったが、旭川市にある旭山動物園に入場者数が抜かれて、今では旭山動物園に次ぐ北海道で2番目の動物園になっています。
円山動物園は1950年に上野動物園が移動動物園を行い好評であったことが起源になっています。円山動物園は自然繁殖が難しいとされるホッキョクグマの繁殖に成功している動物園です。円山動物園は札幌近郊にある穴場の観光スポットでもあります。
さっぽろビール園は明治時代の面影を残す赤れんがの建物と北海道名物のジンギスカンを味わえるところとして人気があります。またさっぽろビール園に隣接してさっぽろビール博物館もあり、国内で唯一ビールの博物館になっています。
さっぽろビール園では新鮮な生ビールにジンギスカンを味わえますが、北海道ならではの雰囲気を味わえる施設になっています。ビール園内は広々しており、家族や仲間などと楽しむのにとてもいい場所です。さっぽろビール園は札幌近郊で楽しめる穴場の観光スポットです。
さっぽろ羊ヶ丘展望台は札幌市豊平区にあるクラーク像で有名な札幌近郊の観光地です。札幌・北海道でも有名な観光地です。南東方面から札幌市街が一望できます。さっぽろ羊ヶ丘展望台では四季に応じた景色を楽しめます。北海道ならではの雄大な景観を楽しむことができます。
北海道ならではのグルメであるジンギスカンを味わえるレストランもあります。北海道の開拓の父と呼ばれるクラーク博士についても学べる施設もあります。さっぽろ羊ヶ丘展望台は札幌近郊にある穴場の観光スポットです。
モエレ沼公園は札幌市街地や公園を緑地で包み込もうという目的でできた公園です。19821年に着工し、2005年の完成しました。基本設計は世界的に有名な彫刻家であるイサム・ノグチが手がけており、「全体をひとつの彫刻作品とする」いうコンセプトを基に作られました。
モエレ沼公園は自然とアートが融和した景観を楽しめる公園です。春は桜、夏は水遊び、秋は紅葉、冬はウインタースポーツと四季に応じて楽しめます。モエレ沼公園は札幌近郊の穴場の観光スポットです。
サッポロテイネは札幌郊外にあるゴルフ場やスキー場があるレジャー施設です。以前はイネオリンピア、テイネハイランドスキー場に別れていたが、2005年に統合され、サッポロテイネスキー場になりました。1972年札幌オリンピックのアルペンの男女の大回転や回転のコースやルージュやボブスレーのコースとして利用されました。
一方ゴルフ場は札幌市内や日本海を一望できるところにあり、変化の飛んだコース設定でゴルフを楽しめることができます。サッポロテイネは冬はスキー場としてそれ以外はゴルフ場として楽しめる札幌郊外にある穴場の観光スポットです。
白い恋人パークは札幌をはじめ北海道を代表するお土産である白い恋人の工場見学ができ、クッキー作りなどが体験できる施設になっています。札幌の定番のお土産である白い恋人にも使われているチョコレートの歴史などが紹介されているお菓子のテーマパークでもあります。
中庭にあるバラは夏頃に咲き乱れ、美しい姿を見ることできます。白い恋人パークは大人から子供まで楽しめる札幌近郊の穴場の観光スポットです。
中島公園は札幌市内にありながら緑豊かな公園です。公園内には「豊平館」や「八窓庵」などといった国の重要文化財に指定される歴史的建造物があり、札幌市民の憩いの場所になっています。また「日本の都市公園100選」「日本の歴史公園100選」選定されています。
天文台や北海道立文学館などのの施設もあります。冬にはクロスカントリーのコースにもなっています。札幌市内にありながら水と緑を感じられる札幌近郊の穴場の観光スポットです。
豊平館は開拓使が建てた洋館のホテルで、明治政府が建てた建物で、開拓使時代の貴重な機構のひとつです。1879年の着工し、1880年の完成し、付属建物等が1881年に完成しました。建物の特徴は、アメリカ風様式を基調に木造2階建ての地下1 階です。左右対称の建物に半円形の車寄せに、その上部はバルコニーになっていて、柱や窓枠はマリンブルーと青と白を基本とした外観に特徴があります。
ホテルとして建てられた豊平館は、当初はホテルとして利用されていましたが、次第に公民館といての機能を有するようになりました。1922年には札幌市の所有になりました。1964年には国の重要文化財に指定されました。今では結婚式場として利用されています。豊平館は明治時代、北海道の開拓使時代を感じられる札幌近郊の穴場の観光スポットです。
札幌近郊の穴場の観光スポットを紹介させていただきました。札幌近郊には自然豊かで、魅力ある観光スポットが多くあります。そんな札幌近郊の穴場の観光スポットの一部を紹介させていただきました。札幌には北海道らしい穴場の観光スポットがあり、穴場といえども多くの観光客が訪れる観光スポットになっています。札幌を訪れる際に今回の穴場の観光スポットを参考にしていただけたら幸いです。