Su6buxwdkgebc0kafx9s

大阪

CATEGORY | 大阪

天王寺のお土産まとめ!こだわり抜いて厳選!【2019年版】

2019.04.19

日本一高いビルである「あべのハルカス」周辺の街、天王寺。ディープな大阪を体験できる街の一つです。そんな天王寺は、今や世界中から観光客を集めています。人気のお菓子のお土産は押さえておきたいですよね。今回は、天王寺の和菓子のお土産おすすめランキングをご紹介します。

  1. 天王寺お土産・お菓子(和菓子)ランキング1位ー『阿倍野だんご本舗』ー素朴なお菓子が一番おいしい!
  2. 天王寺お土産・お菓子(和菓子)ランキング2位ー『播磨屋本店』ー試食ができるから選びやすい!
  3. 天王寺お土産・お菓子(和菓子)ランキング3位ー『青山甘納豆』ー甘納豆一筋90年!
  4. 天王寺お土産・お菓子(和菓子)ランキング4位ー『嶋屋 本店』ーこだわりぬいた素材を使用
  5. 天王寺お土産・お菓子(和菓子)ランキング5位ー『総本家・釣鐘屋』VS『総本家・釣鐘屋本舗』ーどちらがお好み?
  6. 最後に・・・
「阿倍野だんご本舗」の看板商品は、素朴な「きなこだんご」。国産大豆100%使用の最上級のきなこを使い、1本1本手作りしているそうです。毎日放送の「ちちんぷいぷい」や、関西テレビ「よ~いドン」でも紹介されています。きなこだんご1本88円、20本で1640円となります。

昔懐かしの商品ラインナップ!

「きなこだんご」が一番人気ですが、みたらしだんごやわらび餅、きなこプリンなど素朴な和菓子、和洋菓子を中心に販売。天王寺の駅から一番近いのは、「あべの筋店」となります。

「阿倍野だんご本舗」詳細情報

店名:阿倍野だんご本舗/住所:大阪市阿倍野区昭和町2丁目18-26/電話番号:06-6622-5333/営業時間:10:00~19:00/定休日:年中無休/※あべの筋店(大阪市阿倍野区阿倍野筋5-9-32・06-6622-2268・定休日は毎週火曜日)は、JR天王寺から徒歩6~7分。地下鉄谷町線・阿倍野駅すぐ)
「播磨屋本店」は、「日本一おかき処」をキャッチコピーにしているおかきの専門店。JR天王寺駅から徒歩3分に位置する「天王寺駅前商店街」のなかにあります。ほとんどのおかきは試食ができるので、選びやすくお買い物がしやすいですね。購入するとコーヒーのサービスがあります。和風のおかき以外にも、チョコレートコーティングの「ユーロの星」も人気。

「播磨屋本店」詳細情報

店名:播磨屋本店・天王寺店/住所:大阪市天王寺区掘越町13-18 銀泉天王寺ビル 1F/電話番号:06-6775-8505/営業時間:10:00~19:00/定休日:無休/交通アクセス:JR天王寺駅から徒歩3分
「青山甘納豆」は、ほとんどの商品ラインナップが甘納豆という、まさに甘納豆一筋の専門店。大正13年創業の老舗で、日本ではじめて甘納豆専門の小売店を開業したお店です。甘納豆のほかには、どら焼き、大福、わらびもち(季節限定)、アイスクリーム(季節限定)といった昔懐かしい和菓子を中心に販売されています。産業功労賞や、全国菓子大博覧会の菊花龍文賞をはじめ、数々の賞や表彰状を受けているお店です。

お子さんにもあげたい!かわいいお猿のもなか

こちらは、「庚申最中(こうしんもなか)」。かわいいお猿さんの形で、食べる直前に皮に餡子をいれます。近くの「四天王寺」の「庚申まいり」にちなんで作られました。お子さんや女性へのお土産におすすめ。

「青山甘納豆」詳細情報

店名:青山甘納豆/住所:大阪市天王寺区北河堀町9-22/電話番号:06-6771-2051/営業時間:9:00~17:00/定休日:土日祝/交通アクセス:天王寺駅から456m
「嶋屋・本店」の看板商品は「あべのポテト」。食品添加物や保存料を一切使用していない昔ながらの自然の味。安心、安全な和菓子です。368gで735円。ほかにも、「地元の井戸水と塩と秘伝の調味料」に10時間漬け、蒸し焼きにする黒ゴマ風味が懐かしい「三嶋焼(100g)136円」、かりんとうやせんべいなど、とことん「上質な芋」にこだわったお店です。

「嶋屋 本店」詳細情報

店名:嶋屋 本店/住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-37/電話番号:06-6621-7167/営業時間:9:30~20:00/定休日:年中無休/※天王寺MIOプラザ館店(9:00~22:00・年中無休)
釣鐘の形のお饅頭が名物の「総本家釣鐘屋」と「総本家・釣鐘屋本舗」。前者は四天王寺の近く、後者は通天閣の近くにあります。どちらも看板商品が「釣鐘まんじゅう」なのですが、「総本家釣鐘屋」の方は、釣鐘玉子せんべいも扱い、「総本家・釣鐘屋本舗」では、北海道産てぼ豆を使用したバナナ餡の「芭蕉」や釣鐘型のもなかの取り扱いがあります。どちらも素材と手作りにこだわった老舗の名店ですので、これはもう「どちらが好みか」の問題ですね。ちなみに味に関しては「まったく違う」という意見が多数です。「総本家釣鐘屋」の釣鐘まんじゅうは1個150円、「総本家・釣鐘屋本舗」の方は、3個で422円。どちらも税込み価格です。

「総本家釣鐘屋」詳細情報

店名:総本家釣鐘屋/住所:大阪市天王寺区大道1-5-2/電話番号:06-6771-0044/営業時間:(平日)8:00~18:00・(日・祝)8:00~17:00/定休日:不定休

「総本家・釣鐘屋本舗」詳細情報

店名:総本家・釣鐘屋本舗/住所:大阪市浪速区恵美須東1-7-11/電話番号:06-6644-0212/営業時間:8:00~18:30/定休日:1月1日/交通アクセス:通天閣から北へ徒歩2分
Rkfigrz6i72axt8jr3oz
引用: https://www.flickr.com/photos/neebong/36907140320/
今回は、天王寺のおすすめの和菓子をご紹介しました。この界隈の和菓子店は、素材と手作りにこだわったお店が多いのが特徴です。天王寺界隈は、近代的な超高層ビルと昔ながらの下町が同居している「ワンダーランド」。串カツやお好み焼きなど大阪のソウルフードを食べた後は、美味しい和菓子をご家族のお土産に持ち帰ってくださいね。※掲載の情報は2018年7月時点のものとなります。最新の情報は公式サイトをご確認ください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/_inzm/6818000652/