Ffsqf3yngvduc3znob5p

ウズベキスタン

CATEGORY | ウズベキスタン

ウズベキスタンのお土産2019年度版!本当に欲しいお菓子をご紹介!

2019.09.27

ご紹介させていただくのはウズベキスタンのおすすめお土産についてです。ウズベキスタンは様々の国と国境を接しているため自国の文化がありつつ、多文化が入り混じっている国際色豊かな国です。そんなウズベキスタンのおすすめお土産を一部ではありますが紹介します!

この記事に登場する専門家

Dbqjql344iugvjsgqr1g

青森在住の駆け出しライター

小川 真紀

青森県全体・岩手県北の観光グルメ・ドライブコースなどおまかせください。

  1. インスタ映え必須!?ウズベキスタンはお土産もすごい!
  2. 1:ウズベキスタンおすすめお土産 ドライフルーツ
  3. 2:ウズベキスタンおすすめお土産 ハルヴァ
  4. 3:ウズベキスタンおすすめお土産 Super kontik
  5. 4:ウズベキスタンおすすめお土産 Nesquick
  6. 5:ウズベキスタンおすすめお土産 ワイン
  7. 6:crafersのおしゃれなチョコレート
  8. 7:Алёнкаシリーズ (アリョンカ)お菓子
  9. 8:ロシェン社製のチョコレート菓子
  10. 最後に
Wkggha3uplj4p7lr0kkz
引用: https://www.instagram.com/p/Bz1IbmZnVLy/

突然ですが、皆さんは「ウズベキスタン」とは、どのようなイメージがありますか?そもそも治安は大丈夫?と、不安に感じる人もいるのでは?実は、そんな心配はありません。現在ウズベキスタン政府は、旅行者も安心してもらえるように治安維持に努めており、厳重警備がなされているので安心してくださいね!そして、ウズベキスタンには「ヒヴァ・イチャンカラ遺跡」など、素晴らしい景勝地などの観光スポットがたくさんあります。まるで、中世にタイムスリップしたようなウズベキスタンで良き思い出に残る旅行をしましょう!今回はウズベキスタンのお土産選びのご案内をします。お土産に悩んだときはこちらをチェックしてください。

ウズベキスタンのドライフルーツについて

まず最初にご紹介するウズベキスタンのおすすめお土産はドライフルーツです。ドライフルーツは東南アジアや南国でも有名なものですがウズベキスタンでもドライフルーツは子供から大人まで食べている国民食のようなものです。東南アジアのドライフルーツ場合はマンゴー、パパイヤ、パイナップルなどのドライフルーツが袋やパックに詰められていますが、ウズベキスタンでは杏子、ナツメヤシ、ブドウなどがスーパーマーケットやパサールで測り売りで売られていることが多いです。ドライフルーツは値段が安く、持ち運びが便利なのでお土産にぴったりです。

ハルヴァについて

ハルヴァは東南アジアから中央アジアで食べられている国民食のようなものでその国々によって作り方や材料が微妙に違います。ハルヴァは穀物や野菜や果物に油脂と砂糖を加えて作られるお菓子です。昔からお菓子や保存食という位置付けで子供から大人まで幅広く食べられています。日本ではあまり見かけないお菓子でスーパーでは大体売られており値段も安いので見かけたらぜひ手にとってみてください!

Super kontikについて

Super kontik(スーペルコンチク)はウズベキスタンで大人気のチョコレート菓子です。ウズベキスタンで製造されているお菓子は少なくウクライナやロシヤ、トルコからの輸入が多いのが現状です。Super kontikはチョコレートをチョレート味のクッキーで挟んでさらにその上からチョコレートをコーティングしているTheチョコレートお菓子で安い値段で購入することができます。このようなお菓子が美味しくないはずがなく一度食べらたらやみつきになること間違いなしです。ただしついつい食べすぎは要注意です!

Nesquickについて

Nesquick(ネスクイック)もウズベキスタンの会社が作っているお菓子ではなくスイスに本社がある世界的な企業であるネスレが製造しているお菓子です。日本でネスレといえばキットカットが一番の認知度がありますがウズベキスタンで一番の認知度があるのはネスクイックです。ネスクイックはブランドの名前でネスクイックという名前でチョコレート、クッキー、飲料が販売されています。スーパーに行くと様々なネスクイック商品があるのでびっくりされると思います。値段もそんなに高くないのでおすすめです。

ウズベキスタンのワインについて

最後にご紹介するウズベキスタンのおすすめお土産はワインです。ウズベキスタンは昔からぶどうの栽培とワインづくりで世界的に有名な地域です。ウズベキスタンではビールや、ウィスキーよりもワインが多く飲まれており、ウズベキスタン製のワインがたくさんあります。日本ではあまり見かけない銘柄が多く、スーパーや空港の免税店にあるのでワイン好きの方はぜひ手にとってみてください!

crafersについて

crafersは、ウズベキスタンの人気のお菓子メーカー。パッケージがとってもおしゃれで、ウズベキスタン旅行へ行く観光客は、こぞって購入するほどの定番のお土産です!このお菓子のシリーズはたくさんあり、公式のHPには、ホワイトクリームを挟んだウェハース、ブラックチョコレートなどたくさんの種類があります。特に板チョコは煌びやかなパープル&ゴールとのパッケージが特徴。その映えるデザインが欲しくて購入する人も多いそうですよ!チョコレートはとてもコンパクトなので、たくさん買いだめするのもおすすめ。贅沢に1枚ずつ会社のお土産に選ぶのもいかが?

アリョンカについて

「アリョンシカ」。これは、ソ連時代からの名残りのロシアらしいかわいい包装紙が特徴のお菓子です。1枚ずつ入ったビスケットやクッキーのほか、チョコレートもあります。こちらのお菓子は、アリョンシカの名前のカフェ兼チョコレートショップがあり、ウズベキスタンを含めたロシア全域の街中、ショッピングモールなどにあるので、観光の合間に、まずはカフェとして立ち寄ってみるのもおすすめ。店内でお菓子が並んでいるので、その際に手に取ってみてくださいね。

ロシェンについて

ロシェン社のチョコレートは、ウクライナ大統領が作っ「世界一おいしいチョコレート」と称されている有名なチョコレートのこと。ウクライナとウズベキスタンという関係性は深くは言えませんが、ロシェン社のチョコレートはウズベキスタンでは良く食べられています。そのため、大手スーパーでも気軽に購入することができ、値段もお手頃なのがいいですよ。とにかく世界一おいしいチョコレートは日本では絶対に手に入りません。ぜひチョコレートを見つけたら購入してみんなに配ってあげてくださいね!

ここまでウズベキスタンのおすすめお土産をご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?日本からウズベキスタンに行くには直行便がなく韓国やロシアを経由して約16時間でいくことができます。ウズベキスタンにはたくさんの歴史的建造物や、自然が多くあるのでとても魅力的な場所です。なかなか行くことがないかもしれませんが一生の思い出になる国ですのでぜひ次回の旅行先の候補に入れてみてください!その時に今回ご紹介させていただいたお土産を参考にしていただければ幸いです!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmH0vGGn5_4/