Hogcoeifaohw3rehxakh

ベトナム

CATEGORY | ベトナム

ベトナムでダイビング!おすすめスポットやベストシーズンを解説【2018年】

2019.10.21

ホーチミンや、ランタン祭りが有名なベトナムは、実はサンゴ礁が多く海が綺麗です!そんなベトナムのおすすめダイビングスポットを4ヶ所紹介します。ダイビングはマクロ派ですか?地形派ですか?大物狙いですか?お気に入りのスポットが見つかるといいですね!

  1. ベトナムダイビングのおすすめスポット①ニャチャン
  2. ベトナムダイビングのおすすめスポット②ホイアン
  3. ベトナムダイビングのおすすめスポット③コンダオ島
  4. ベトナムダイビングのおすすめスポット④フーコック島
  5. ベトナムダイビングのおすすめシーズン
  6. ベトナムでダイビングまとめ

ニャチャン(nhatrang)とは

ニャチンとはベトナム南部にあるビーチリゾート地です。ニャチャンのダイビングでは、300種類以上のサンゴからなるサンゴ礁が有名で人気のスポットです。

モーレイビーチでは、真っ白な砂浜とカエルアンコウやウミウシなどマクロ派の方におすすめです!またマドンナロックには洞窟があり、地形派の方におすすめです!

ニャチャンのおすすめシーズン

ニャチャンは年間を通して暖かく、22度〜32度程度の気温であるため、1年中ダイビングを楽しむことができます。特におすすめなのは、4月〜8月です。乾季のため、雨が降りづらく透明度が高いからです!

ホイアン(hoi an)とは

ホイアンとはベトナムの中央部にあり、街並みは世界遺産にも登録されている、観光地です。ホイアンには幾つも離島があります。中でも大小7つの島があるチャム諸島、チャム島がダイビング スポットとして有名です。手付かずのチャム島では、キャンプを行うことができるのも人気の理由です!

チャム島は100種類以上のサンゴがあり、中でもベトナムで初めて発見された珍しいサンゴがあります。基本的にはウミウシやクマノミなどマクロ派におすすめですが、グルーパーやバラクーダなど大物に出会えることもあります!

ホイアンのおすすめシーズン

チャム島はでダイビングができるのは3月〜9月までです。雨季には川の水が増水してしまうため、ダイビングはできなくなります。

コンダオ島(condao iland)とは

ベトナム南部にあるコンダオ島は「ベトナム最後の楽園」と言われています。手付かずの自然が残るコンダオ島のダイビングでは、絶滅危惧種に指定されているジュゴンに出会える可能性があります。またウミガメが見ることができ、時期によっては産卵を見ることもできます。

コンダオ島のおすすめシーズン

コンダオ島は一年中気温は高いですが、おすすめのシーズンは乾季の2月〜6月です。特に4月、5月は海が穏やかです。7月〜1月は雨季のためスコールやモンスーン(季節風)により海が濁ってしまうことがあります。

フーコック島(Phu Quoc Island)とは

フーコック島とはベトナムの南西部にあり、ヤシの木が並ぶ白い砂浜のロングビーチが有名なビーチリゾートです。フーコック島のダイビングでは「ウミウシガーデン」という、ウミウシ好きにはたまらないポイントがあります。またサンゴ礁が綺麗なのはもちろん、ヨウジウオやタツノオトシゴなどマクロ派におすすめのポイントもあります。

フーコック島のおすすめシーズン

フーコック島でダイビングができるのは、乾季の5月〜9月のみです。

ベトナムの季節

ベトナムの季節は、乾季と雨季に分かれています。どこのポイントでも、ダイビングには乾季がおすすめです!晴天の日が続いていると、海の透明度が上がり、水温も上がるため潜りやすいです。せっかくの色とりどりのサンゴ礁、透明度の高い時期に潜りたいですよね!

雨季の注意点

雨季には潜ることができないスポットがあります。また潜ることができても透明度が悪い場合や、モンスーン(季節風)により流されやすいこともあります。注意して楽しみましょう。

ベトナムダイビングのおすすめスポットいかがでしたか?特にマクロ好きにおすすめのポイントがたくさんありましたね!また絶滅危惧種ジュゴンに出会える可能性があるのなら、それだけで訪れてみたくなりますね!ベトナム旅行、観光もダイビングもぜひお楽しみください。

ベトナムでサーフィンしたいならコチラ!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BbOzvvDBQeO/?tagged=nhatrangdiving