Ecpuf2etpmnjqttqfqco

シリア

CATEGORY | シリア

シリアの現在の治安は?旅行前にチェック!【2018年度版】~外務省情報まで~

2018.12.07

中東に位置する国シリア。日本のメディアで報道されることも多々あり、あまり治安が良くないイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。そもそもシリアへは旅行で行くことはできるのでしょうか?今回は、シリアの治安状況についてご紹介いたします。

  1. 【シリアの治安を知る前に】外務省による海外安全ホームページ
  2. 【シリアの治安を知る前に】外務省による危険レベル1〜4について
  3. シリアの治安は悪い?旅行はできる?
  4. シリアという国について
  5. シリアの治安まとめ
引用: https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2018/02/RTX4YX4U-thumb-720xauto.jpg
外務省による「海外安全ホームページ」では、各国の治安情勢や感染症などの安全情報を国または地域ごとに危険レベル1〜4に分けて示しています。この安全情報は現地の状況により変動する場合がありますので、渡航の際はその都度事前にチェックして現地の現状を把握しておく必要があります。
引用: https://www.anzen.mofa.go.jp/info/image/hanrei_s.gif

レベル1:十分注意してください

レベル1に該当する国や地域への渡航は禁止されていませんが、滞在時には安全対策に細心の注意を払うように促す注意喚起です。地図上では黄色に塗られた地域がこれに該当します。

レベル2:不要不急の渡航はやめてください

レベル2に該当する国や地域への渡航は禁止されていませんが、特別な理由がない場合の渡航は控えるように呼びかける注意喚起です。もし止むを得ず渡航しなければならない場合には、周囲の安全対策の徹底を心がけるようにしましょう。地図上では山吹色に塗られた地域がこれに該当します。

レベル3:渡航禁止勧告

レベル3に該当する国や地域への渡航は禁止されているので、いかなる理由があっても渡航を取りやめる必要があります。合わせて、現地に滞在中の日本人は別の地域への退避を強いられる可能性もあります。地図上ではオレンジ色に塗られた地域がこれに該当します。

レベル4:退避勧告

レベル4に該当する国や地域に滞在している日本人に対して、別の安全な地域への退避を促す退避勧告です。もちろん危険な地域であるため渡航は禁止されています。地図上では赤色に塗られた地域がこれに該当します。
引用: https://www.anzen.mofa.go.jp/attached2_master/2017T001/2017T001_1_Detail.png
外務省が発表しているシリアの安全情報による危険レベルは、2018年9月の時点で上の画像のとおりです。外務省によると、現在シリアは全土にわたってレベル4が発令されており、日本からの渡航は禁止されています。観光目的の旅行はもちろんできませんし、日本の大使館も現在は閉鎖されているそうです。
引用: https://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/45124/image

シリアのこれまで

引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/70/9e/a9f0a54c9fc54b878a09981614fce800.jpg
シリアでは反政府武装勢力による内戦の影響で治安の悪化が懸念され、2011年の時点で全面的に危険レベル4が発令されました。それまでのシリアは、首都ダマスカスをはじめとする観光スポットも人気があり、海外からの観光客も多く訪れる国でした。
引用: https://www.almasdarnews.com/wp-content/uploads/2017/06/isishunters.png
しかし、2011年ごろより続く内戦の影響で今や旅行先として渡航することができなくなっています。また2015年には、ISILによってシリアで拘束された日本人2名が殺害された事件も記憶に新しいですね。

シリアの現状

引用: http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/e/e/ee5278eb.jpg
上述のような情勢のため、外務省は現在いかなる理由があってもシリアへの渡航を禁止していますし、現地に滞在している日本人に向けて別の国へ退避するように呼びかけています。
引用: https://www.sankei.com/images/news/160924/wor1609240066-p1.jpg
内戦の影響で国内は荒れ放題ですので、現地の安全情報を甘くみて渡航するなんてことは絶対に許されませんし、命に関わるトラブルに巻き込まれる可能性が極めて高いです。
引用: http://image.vovworld.vn/w730/uploaded/vovworld/huoabhu/2012_10_25/bao%20luc%20o%20syria.jpg
外務省では、報道関係者による取材活動なども自粛するように呼びかけています。「世界で一番危険な国」と言われているシリアにおいて、近い将来このような深刻な情勢を立て直される見通しはついていません。
引用: https://www.newshonyaku.com/wp-content/uploads/2018/02/2703-660x400.jpg
今回は、シリアの治安状況についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。シリアは、「危険」「治安が悪い」というマイナスイメージが強く、実際に渡航も禁止されているほど情勢が深刻とされている国です。現地の治安が復活する見込みは今の所ほとんどありませんが、またかつての観光地として栄えていたシリアの姿を取り戻せる日がくるように祈るばかりですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.christiantoday.co.jp/data/images/full/18517/image.jpg