Yci5bybv13lnrl53vsba

イタリア

CATEGORY | イタリア

イタリア旅行【2018年】おすすめのsimカードはこれ!購入から設定まで

2019.07.05

イタリア旅行に行くときに気になるのが携帯電話!simカードを買いたいけど、どんなものがあるのだろう?どうやって買うのかわからないとお悩みではありませんか?そこで、今回はイタリア旅行でのおすすめのsimカードの購入から設定までをご紹介します。

  1. イタリア旅行!おすすめのプリペイドsimカードはこれ!購入から設定まで - simカードは必要?
  2. イタリア旅行!おすすめのプリペイドsimカードはこれ!購入から設定まで - 携帯会社
  3. イタリア旅行!おすすめのプリペイドsimカードはこれ!購入から設定まで - 購入できる場所
  4. イタリア旅行!おすすめのプリペイドsimカードはこれ!購入から設定まで - 購入&設定
  5. イタリア旅行!おすすめのプリペイドsimカードはこれ!購入から設定まで - まとめ
Ybadyuu4stg654u1i1uw
引用: https://pixabay.com/ja/%E5%91%BC%E3%81%B3%E5%87%BA%E3%81%99-sim-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%82%BB%E3%83%AB-%E6%90%BA%E5%B8%AF%E9%9B%BB%E8%A9%B1-%E6%90%BA%E5%B8%AF-%E9%80%9A%E4%BF%A1-71170/

海外旅行へ行く際、やっぱり携帯電話は必需品ですよね。地図を開いたり、レストランや観光地を調べたり、現地で連絡を取ったり、もちろん写真を撮るのにも使ますよね。海外ローミングを使うと海外でも使用できますが、料金が高い。wifiルーターを借りるとなると、常に持ち運びや充電が必要なり、レンタル代もかかってしまう。そんなのとき、便利なのが現地のプリペイドsimカードです。

simカードを購入するときは旅行者用のプランを選んで購入することが重要です。旅行者用のプランを提供している会社が、Vodafone(ボーダフォン)、WIND(ウインド)、TIM(ティム)です。旅行者用のプランだと面倒な書類手続きなどがないので、簡単に購入することができます。また、利用できる日数や通話時間、SMSの回数などが決まっているため、使いすぎて多額の料金を請求されるということが防げます。

Vodafone(ボーダフォン)

日本人にも馴染みがあり、ヨーロッパで多く広がっているのが「Vodafone(ボーダフォン)」です。旅行者用プランの「Vodafone Holiday」ですと、利用日数:30日、通話:300分、SMS:300回、データ通信容量:2GB、4G/LTE通信が利用できて30ユーロです。ヨーロッパを周遊する予定がある方にもおすすめです。

WIND(ウインド)

コスト重視で安いもので良いという方におすすめなのは「WIND(ウインド)」です。3社の中でも比較的安く販売されています。旅行者用の「Italy Tourist Pass」だと、利用日数:30日、通話:100分、データ容量:2GB、SMSもできて価格が10ユーロです。ただし、郊外に行くと繋がりにくくなります。

TIM(ティム)

店舗数も多く、イタリアの最大手の会社が「TIM(ティム)」です。イタリア内での利用者も多く、とてもつながりやすく人気の会社です。街中や空港で見かけることも多いと思います。旅行者用の「TIM for Visitors」だと、利用日数:30日、通話:100分、データ通信容量:4GB、4G/LTE通信やSMSがついて価格は30ユーロです。

simカードは、各会社の店舗で購入できます。街中を歩いていると店舗を見つけることができますよ!また、空港でも購入できます。店舗に行って、プリペイド式のsimが欲しいこと、旅行者であることを伝えると、だいたいの店員さんがわかってくれます。購入場所は、空港がお勧めです。旅行者が並んでいることもあるのですが、空港だと店員さんが観光客に慣れているので、スムーズに手続きが終わることが多いです。

Oaedv38tee0f7mgmm1mj
引用: https://pixabay.com/ja/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88-%E6%97%85%E8%A1%8C-%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%BC-%E6%90%AD%E4%B9%97%E5%88%B8-%E3%83%93%E3%82%B6-3487699/

必要なものはパスポート!また、滞在先を聞かれることもあるので、ホテルの名前と住所を書いたメモなどを持っておくといいですよ。

Lnwaqvrks6imztum8mqj
引用: https://pixabay.com/ja/%E6%90%BA%E5%B8%AF%E9%9B%BB%E8%A9%B1-%E6%89%8B-%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%81-%E6%8A%80%E8%A1%93-%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8E%A5%E7%B6%9A-%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AC%E3%82%B9-%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E8%A3%85%E7%BD%AE-3324323/

店員さんにパスポートを見せ、支払いを済ませ、携帯電話を渡すとその場でささっとsimを入れ替えて、設定までしてくれます。万一、自分で設定する場合は、simカードを取り出し、新しいsimを入れてAPN設定をするだけです。設定→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」→「I ITMなどの会社名」を選択することでAPN設定ができます。

Yjdtoyb8kgqgpefvdvsw
引用: https://pixabay.com/ja/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3-%E6%8A%80%E8%A1%93-%E9%80%9A%E4%BF%A1-%E9%9B%BB%E8%A9%B1-%E4%BA%BA%E9%80%A0%E4%BA%BA%E9%96%93-1284501/

いかがでしたでしょうか。現地で買って、自分で設定するとなると、最初は少し戸惑ってしまいますよね。しかし、実際はとても簡単に購入できますし費用も安く、設定も簡単です。ぜひ試してみてくださいね。日本の携帯電話のsimロックを解除しておかないと使えませんので、日本にいる間に携帯電話会社に連絡をして、解除方法を聞いておくことを忘れずに!!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3-%E6%8A%80%E8%A1%93-%E9%80%9A%E4%BF%A1-%E9%9B%BB%E8%A9%B1-%E4%BA%BA%E9%80%A0%E4%BA%BA%E9%96%93-1284501/