H92tdpoqqgkh8zxq0fjt

イタリア

CATEGORY | イタリア

渡したらきっと喜ばれる!イタリアの人気お土産・雑貨編をチェック!

2018.12.07

今回は、イタリアのお土産には何を渡せば喜んでもらえるのか?というテーマなのですが、「何を渡しても喜ばれる」のが、ファッション性と機能性を兼ね備えたイタリア雑貨の特徴。ご紹介できるのは、おすすめの雑貨のお土産のごく一部となりますが、きっとご納得いただけますね!

  1. イタリアの雑貨のお土産について
  2. ①イタリアの雑貨店で人気のアイテム『スノードーム』
  3. ②イタリアを訪れたら伝統工芸品の『カメオ』もお土産の候補に!
  4. ③キッチン雑貨は華やかなものを!『アマルフィの食器』をお土産に!
  5. ④イタリアでは美術館、遺跡の前の露店をチェック!『絵葉書・写真集』
  6. ⑤イタリアでは、なにげに立ち寄った雑貨店で必ずお気に入りが見つかる!『食器』をお土産に!
  7. ⑥イタリアのフィレンツェといえばレザーのファッション雑貨『革製品』をお土産に!
  8. ⑦女性へのイタリアのお土産はこれでしょう!『ベネチアングラスのキッチン雑貨』
  9. ⑧ファッション雑貨といえば、アクセサリー『ベネチアングラスのジュエリー』をお土産に!
  10. ⑨イタリアの台所の顔といえば、世界的に人気の『ラゴスティーナの圧力なべ』
  11. ⑩香りのおしゃれも楽しむイタリア人の必須アイテム『香水』をお土産に!
  12. ⑪男性のファッション雑貨のお土産の代名詞は、『ネクタイ』
  13. ⑫一流ブランドがしのぎを削るイタリアでは『サングラス』のお土産を選ぼう!
  14. ⑬おしゃれな女性にはファッション雑貨のお土産を!『スカーフ』がおすすめ!
  15. ⑭生活雑貨といえば文房具、高品質の『ファブリーノの文房具』がおすすめ!
  16. ⑮デザインと機能性を兼ね備えた人気の『アレッシィのキッチン雑貨』がおすすめ!
  17. ⑯日本でも大人気の『イルパピロのマーブル紙の文房具』がお土産におおすすめ!
  18. ⑰イタリアで『街角アート』がおすすめの理由は?
  19. ⑱世界最古の薬局『サンタマリアノヴェッラ薬局』のソープがおすすめ!
  20. ⑲日本でもファン多数『マービスの歯磨き粉』はチューブもおしゃれ!
  21. イタリアの雑貨のお土産のまとめ
V8gxbkvjeuo3fel6dlgq
引用: https://www.flickr.com/photos/esharkj/22903155323/
右を向いても左を見ても、スタイリッシュで機能的な雑貨が視界に飛び込んでくるファッションの都イタリアは、観光客の物欲がマックスに達する、「お財布には」少し心配な街でもあります。気になったものを次々に買っていては、帰国後のクレジットの請求が心配!なんてことになるおそれがあります。ご旅行前にしっかりと狙いを定めて、上手にお土産物を選んでくださいね。
Xrlz4ptcstvwlale4oos
引用: https://www.flickr.com/photos/doctorow/179556174/
スノードームは、キリスト教にちなんだものや教会などをモチーフにしたヨーロッパでは人気のオブジェ。水の入った丸いガラスボールを逆さにして戻すとラメの雪が降る仕組みになっています。クリスマスをモチーフにしたものが多いのも特徴。イタリアをはじめ、ヨーロッパの雑貨屋さんではよく見かけます。ただし、落とすと必ず割れ、周りが水浸しになりますので、取り扱い要注意で大切にお持ち帰りください。
Lwmfsfhusgicenyz6q4o
引用: https://www.flickr.com/photos/sekmo/8082294610/
(シェル)カメオは、マンボウガイ、トウカムリ、ホシダカラなどの厚い貝殻に浮き彫りを施したもの。古代ギリシャより、装飾品として親しまれてきました。現在は、ナポリ近郊の港町、トーレ・デル・グレコで製作されています。写真は、港町、トーレ・デル・グレコのサンセット。ここは、サンゴの細工でも有名です。

蚤の市でアンティークカメオの掘り出し物を見つけよう!

Rcskosqwed0ulzpxfxsj
引用: https://www.flickr.com/photos/housingworksauctions/224770618/
写真は、アンティークのシェルカメオです。アンティークショップや、蚤の市などで探してください。蚤の市は、フィレンツェの「チョンピの蚤の市」やローマの「ポルタ・ポルテーゼ」が有名です。「ポルタ・ポルテーゼ」は日曜日の午前中のみの開催、「チョンピの蚤の市」は、月の最終日曜日のみの開催です。ご注意ください。※2018年4月現在、「チョンピの蚤の市」は別の場所「Largo Pietro Annigoni」に移転しているようです。お出かけ前に旅行会社などでご確認ください。

女性のプロフィールのカメオは定番で大人気!

H7pohq1hv97gnbqsxeib
引用: https://www.flickr.com/photos/95943652@N04/10040409343/
写真は比較的リーズナブルなアクリルカメオ。女性のプロフィールの伝統的なデザイン。シルバーの細工が緻密な格調高い印象のブレスレットです。

現代的なデザインのカメオだってあります!

Gl98tstio7ndob8sy32l
引用: https://www.flickr.com/photos/katylou/2027001475/
写真は現代的なデザインのアクリルカメオ。ピンクのフラミンゴがかわいい個性的なデザインのカメオです。周囲を取り囲んでいるのは、蘭の花でしょうか?
Qtpfop2krkh2bmpnssln
引用: https://www.flickr.com/photos/martinhesketh/20796403203/
南イタリアを訪れる旅人は、誰もが明るく開放的な気分になります。それは、街中を彩る植木鉢やタイルのせいではないでしょうか?燦燦と輝く太陽のようなイエローを基調にした陶器は、アマルフィのシンボル。アマルフィの海岸から10キロほどの場所に位置するヴィエトリスルマーレは、街中に小さな窯元がある、イタリア陶器のメッカです。アマルフィの特産品であるレモンとともに華やかな色づかいの陶器が、アマルフィ一帯をますます明るく素敵な街にしています。

イタリアの街でも特に華やかなアマルフィで、最高のイタリア陶器をお土産に!

Zijzpaaubob0m50knqyi
引用: https://www.flickr.com/photos/joeross/3166808885/
ヴィエトリスルマーレには、店ごと買い占めたいような素敵な陶器がいっぱい。街を散策するだけでも十分楽しめます。

イタリアでは、陶器もアート!

Ms2xtts67ec8gsyyufdm
引用: https://www.flickr.com/photos/sangre-la/3340620368/
実用的な食器だけではなく、タイル風の壁掛けや、蝶やひまわりなどのユニークな形のオブジェまで、さまざまな陶器が選び放題。どれもこれも美しい発色なのが特徴。
J7nlfggllweguctzzndj
引用: https://www.flickr.com/photos/trishhhh/4422979618/
Dthh4vem1g5vvkodzif7
引用: https://www.flickr.com/photos/sangre-la/3339722463/
美術館や遺跡などの観光地の近くにお店を出す露店では、ガイドブックやプロが撮影した絵葉書などを販売しています。現地から家族や友だち宛てに投函したり、お土産に一枚つけてあげるのも素敵ですね。
Nn5czsne97bqbk9xedqb
引用: https://www.flickr.com/photos/omaxi/14285861965/
Uk9agww3s0tkpf2upd0e
引用: https://www.flickr.com/photos/omaxi/14283848602/
なにげに入った小さな雑貨屋さんでも、素敵なものが必ず見つかるのが「イタリア」。イタリアの陶器は発色が違います。アマルフィの陶器は、イエローを基調としていますが、パステルカラーや白一色のものも多数あります。日本では見かけないイタリアらしいデザインとカラーのものを選びたいですね。
Hi045lvueiblngc65wej
引用: https://www.flickr.com/photos/greg_men/28224022560/
イタリアンレザーといえば、やっぱり「フィレンツェ」。イタリアの革製品の特長は、イタリアの伝統的な製法「パケッタ製法」で作られています。「パケッタ製法」とは、天然のオイルを革にたっぷりと浸透させる製法のことであり、美しいツヤ、滑らかで柔らかな手触り、経年変化が楽しめるなどの特徴があります。またイタリアの革製品の特長は優れたデザイン性。グッチ、プラダ、フェラガモ、フェンディなど、世界的な一流ブランドの発祥の地は、ここイタリアなのです。イタリアに来たからには、イタリアレザーは一つはお土産にしたいところ。

子どもの靴だって、高品質でスタイリッシュ!

We7tdobid1cubvlp3nmn
引用: https://www.flickr.com/photos/64141731@N00/9463255393/
子ども用の赤いレザーシューズ。縫製のしっかりとしたかわいいデザイン。

かっこいい男性のお土産に選びたいイタリアンレザーのジャケット

Y0afv0g6wydrxpzr1wv2
引用: https://www.flickr.com/photos/85546319@N04/16293365432/
ソフトでいかにも着心地が良さそうなメンズのレザージャケット。イタリア特有の「オイルドレザー」を使用しています。ヴィンテージ調でスタイリッシュ。おしゃれな男性へのお土産におすすめ。

ファッションの都、イタリアならではの美しいレザートレイをお土産に!

Ambmcx2g2icgol3onytl
引用: https://www.flickr.com/photos/hintsa/12324930584/
美しい発色のレザートレイ。植木鉢の下に敷いたり、キャンディやチョコレートをのせてみたいおしゃれなデザイン。こういう雑貨があるだけで、一気に日々の暮らしが華やかで豊かになります。

ファッション雑貨の代名詞「レザーバッグ」をイタリアのお土産に!

Pctpgyetvc6m0isyngbk
引用: https://www.flickr.com/photos/sangre-la/3340620648/
美しい発色が人気のイタリアンレザーのバッグたち。こちらはさまざまな製法で作られた革ですが、共通する特徴は美しい「色」とスタイリッシュな「デザイン」。それぞれ使い続けていくうちに経年変化があらわれます。使えば使うほど愛着がわいてくるのが、イタリアンレザーの特徴です。古きよきものをこよなく愛するイタリア人の気質をあらわしているかのようですね。
Hckfpedaxlgssgaij1uk
引用: https://www.flickr.com/photos/pedrosz/38280093725/
ベネチアングラスは、ベネチア、特にムラーノ島で生産されている世界的に大人気のガラス細工。ルネサンス期の15~16世紀からその技術は高く評価され、ベルサイユ宮殿の「鏡の間」は、ムラーノ島の職人たちの手によるものだとか。歴史と伝統のあるベネチアングラスは、ぜひお土産の候補の一つに入れておきたいですね。

デザイン、カラー、機能性と三拍子そろったイタリアのガラス製キッチン雑貨をお土産に!

Xw9jnhijrogx9r1btquu
引用: https://www.flickr.com/photos/hintsa/12324491445/
色鮮やかな水差しとコップ。ファッションの都のイタリアは、ショーウインドウのディスプレイも洒落ています。

仲の良いカップルへのお土産におすすめ!ペアグラス。

Qdh2ycrzh4snebx6oerz
引用: https://www.flickr.com/photos/andrew_annemarie/2896599289/
それぞれカクテルや水割りに使いたいグラス。美しい色使いで、お酒がますます進みそうですね。仲の良いご夫婦にプレゼントしたいお土産です。
Dkspnpala4e8vvjozxfq
引用: https://www.flickr.com/photos/marcopolodesigns/5040367456/
春夏のおしゃれのマストアイテム、ガラスのネックレス。特にブルーとグリーンの組み合わせは涼しげで人気です。おしゃれな女性へのお土産におすすめ。

使い勝手の良い多色使いのネックレスは、イタリア製ならでは。

A0ohenvag1djcdlwxmbr
引用: https://www.flickr.com/photos/marcopolodesigns/5055779526/
色とりどりのキャンディーのようなベネチアングラスを使用したロングネックレス。多色使いのアクセサリーは、コーディネートしやすい優等生。毎日頑張る自分へのご褒美にもおすすめのお土産です。
Tsiyucahzcx98nxdz837
引用: https://www.flickr.com/photos/yto/4530115833/
ファッションとグルメの国イタリア。キッチン雑貨のレベルの高さは世界的に有名です。そんなイタリア発のキッチン雑貨ブランド、Lagostina(ラゴスティーナ)は、機能性だけではなく見た目もおしゃれ。ラゴスティーナは、1901年からイタリアの家庭で愛され続けているブランドです。鍋だけではなく、ターナー、スパゲティサーバー、レードルなどのステンレスのキッチンツールも充実しています。小さめのお鍋か、パスタ用のグッズをカラフルなパスタにそえてお土産にされてはいかがですか?

詳細情報

Xlxgwdtos4pwfab8kv0i
引用: https://www.flickr.com/photos/foeock/7897621624/
数々の世界的なブランドが創業店を構える国、イタリア。もちろん、香水だって充実しています。好みのわかっているご家族や仲の良いお友だちへのプレゼントにおすすめです。
Mdd5j41o54nis5dtl0zx
引用: https://www.flickr.com/photos/housingworksauctions/3395934299/
シンプルなもの、華やかなもの、シックなもの、かわいいもの、ネクタイの選択肢の多い国の一つがイタリアです。せっかくなので、普段あまり使わないようなイタリアらしいものをお土産に選ばれてはいかがですか?1941年創業の老舗ブランド、マリネッラ ナポリや、シルクの生産地で有名なコモで創業したフランコバッシ、1892年創業のミラノの老舗、アルテアなど、誰もが知る有名ファッションブランド以外にも、世界的に評価された知る人ぞ知るネクタイのブランドが数多く存在しています。

詳細情報

Jqk6lzowfsxborpj5esx
引用: https://www.flickr.com/photos/35754040@N04/7130476913/
グッチにプラダにミュウミュウ、フェラガモとイタリアの有名ブランドは、それぞれ素敵なサングラスも発売しています。特に「ペルソール」は、世界で初めてサングラスにUVカットレンズを採用したメーカー。カジュアルなファッションだけではなく、ジャケットやスーツにも似合うデザインが多数発売されています。「007カジノロワイヤル」でダニエル・クレイグ扮するジェームズボンドが、スーツにペルソールのサングラスできめていましたね。

詳細情報

Ylziqgxbiufnupmvqxsy
引用: https://www.flickr.com/photos/igcameron/15280154329/
Jptfoaiwvrg7j2fcdfcs
引用: https://www.flickr.com/photos/ross_elliott/11970779693/
ファッションの都といえば「パリ・ロンドン・ミラノ・ニューヨーク」。世界的なファッションリーダー都市のミラノだけではなく、イタリアは、都会から地方まで、どこもかしこもスタイリッシュ。子どもからご年配の方まで、みなさんとてもおしゃれです。そこで、おしゃれな女性のマストアイテムといえば、スカーフですよね。ぜひ、ファッションの都、イタリア製のものをお土産に選んでみましょう。ペイズリーや花柄など定番のものから、おちゃめで遊び心いっぱいのもの、上質なシルクを使用した高級品から、お小遣いで何枚も買えてしまうリーズナブルなものまで選び放題です。
Ofo2knho3gwsnsi1vaor
引用: https://www.flickr.com/photos/redspotted/4629740890/
B0a2riqd6qjldd0verl0
引用: https://www.flickr.com/photos/phploveme/5830984156/
ネクタイやスカーフがおしゃれなら、文房具だっておしゃれなのがイタリア。スタイリッシュなうえに、機能性抜群の文房具もイタリアのお土産におすすめです。ラファエロやミケランジェロも愛用していたといわれている750年もの伝統を誇る老舗製紙会社、FABRIANO(ファブリアーノ)のノートや手帳は日本でも人気ですね。日本ではあまり見かけないポップなカラーのノートやペンはイタリアらしいお土産になりそう。学生さんやビジネスマンへのお土産におすすめです。ローマに3店舗、ミラノやベネツィアなどにも支店があります。公式サイトをご確認ください。

詳細情報

アレッシィ(ALESSI)は、1921年にイタリアのオメーニャで創業。いまや、イタリアを代表するキッチングッズのブランドへと成長しています。芸術的なアイテムから、遊び心いっぱいのユーモアあふれるかわいいアイテムまで幅広いラインナップを誇っています。

シンプルなキッチン雑貨もアレッシィならこんなにスタイリッシュに!

Dcygxbxwgfoknvxbusy7
引用: https://www.flickr.com/photos/dinnerseries/10057124633/
スタイリッシュなのに、機能性も抜群。見た目優先だけど、見た目だけではないのが、アレッシィの食器。かさ張らずそれほど重くもないので、お土産としても優等生ですね。ナイフやフォーク類は、手荷物ではなく、スーツケースに入れることもお忘れなく!

こんなキッチン雑貨があると生活が華やぎます!

Chxvgoo6hnx8jh6wbb9z
引用: https://www.flickr.com/photos/dinnerseries/14120205137/
いつものフルーツが突然おしゃれなお部屋のインテリアに大変身!日本では一部にプレミアムも付いている大人気のアレッシィのキッチングッズは、イタリアのお土産におすすめです。

詳細情報

Ha1ntlnr6fqoizsoiglv
引用: https://www.flickr.com/photos/currystrumpet/7336525622/
マーブル模様を基調とするペーパーや文具のお店、イルパピロ(IL PAPIRO)。1976年、トスカーナ地方で創業。昔ながらの製法で、上質で手の込んだおしゃれな作品を世に送り出し続けています。メッセージカードやレターセットが人気。

イルパピロの人気アイテム、マーブル紙がおすすめ!

Co8q7z5tnxc640r8adqf
引用: https://www.flickr.com/photos/cilesuns92/26838109405/
マーブル模様の紙は印刷ではなく、トレイに水を張り、そこに何色かの染料を垂らし独創的な模様を作り、その上から白い紙を浮かべ染め上げる製法。日本の和紙作りに似ていますね。もちろん、同じ模様の紙はほかに存在しません。心のこもったお土産になること間違いなし。本店はフィレンツェにあります。

詳細情報

Cmh7xyjbmuvie5tehnxs
引用: https://www.flickr.com/photos/jayneandd/4849824294/
ミケランジェロやレオナルドダビンチ、ラファエロもイタリア人。ビーナスの誕生や、プリマヴェーラで有名なボッティチェッリも、同じくイタリア人ですよね。彼らの遺伝子を引き継ぐ、イタリア人の芸術家たちは、それほど有名でなくても、それぞれの卓越した才能を発揮しています。お土産物屋さんや、露店で売られている絵画やオブジェにも素晴らしい作品が見つかります。じっくり街角絵画鑑賞しながら、お気に入りのものを選んでください。
Rtrmp6hleos6u4kggdsc
引用: https://www.flickr.com/photos/merano/7500054676/
Xbkg9slp5ah1eaafwxn8
引用: https://www.flickr.com/photos/sun_sand_sea/24958957425/
香りのよい石鹸は、ロッカーなどに入れておくと消臭剤の役目を果たしますし、成分にとことんこだわった自然派の石鹸は、お肌の弱い方にも安心。イタリアの石鹸もお土産に喜ばれるおすすめの品です。イタリアの石鹸は色が綺麗なものや、包み紙が素敵なものが多く、日本人にも大人気です。イメージ写真のお店ではないのですが、創業400年の伝統を誇るフィレンツェの「サンタマリアノヴェッラ薬局」は、お店の建物自体が芸術作品。「世界最古の薬局」といわれています。創業当時から現在に至るまでドメニコ修道士たちの手作りの製法を守り続けた上質の製品を製造販売し続けています。
Imywmifpzjbht7jjgwtd
引用: https://www.flickr.com/photos/gurms/13404961444/
日本でも大人気のマービス(MARVIS)。このおしゃれなチューブに見覚えのある方も多いのではないでしょうか。歯が白くなると好評です。また、定番のフレーバーだけではなく、Amarelli Licorice、Aquatic Mint、Cinnamon Mint、Classic Strong Mint、Ginger Mint、Jasmine Mint、Whitening Mint、の七種類から選べるのも人気。スカーフやサングラスでのおしゃれも素敵ですが、一番のおしゃれは「白い歯」だったりしますので、マービスの歯磨き粉も、イタリアのお土産の候補に加えたいおすすめの逸品です。

詳細情報

Jdcekinqqqgelao1lmwr
引用: https://www.flickr.com/photos/sanguineseas/7160390269/
もちろん、すべてをご紹介することはできませんが、イタリアのファッション雑貨から生活雑貨まで、その魅力の一部はお伝えできたのではないでしょうか?お目当ての雑貨店を目指すもよし、観光途中で目についた雑貨店で衝動買いをするのも良し。ほとんどの日本人にとっては、毎年通える国ではありませんので、帰国後、後悔することのないよう、おおまかな計画を立ててから出発するのがベストなのではないでしょうか。Bon Voyage!※掲載の情報は、2018年4月現在のものとなります。最新情報は公式サイトなどをご確認ください。

詳細情報

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/hintsa/12324642443/