De8mlotqeugfueeggiff

オーストリア

CATEGORY | オーストリア

【おすすめ度付き】お土産候補いっぱいのウィーン!厳選20コ紹介【2019年版】

2019.09.17

音楽の都ウィーン。音楽好きはもとより、音楽に興味がない人でも魅了されてしまう、そんな街。今回はウィーンに行ったら買って帰りたい、お菓子や雑貨のお土産を紹介します。お土産選びって意外と迷いますが、雑貨やお菓子なら帰りの荷物も重たくならずたくさん購入できるので、ばらまき土産にも最適ですよね。

この記事に登場する専門家

Oki910la4y6rq9m1nrvs

自然好きアウトドア系ライター

hanabiworks

綺麗な自然と触れ合うことが好きで、日本国内外問わず各地を旅してます。
特に九州地方の渓谷や湖には1年を通して頻繁に通っているので、穴場スポットや名産品の知識が豊富です。

  1. ウィーンってどこ?どんな街?
  2. 1,ウィーンのばらまきお土産(Manner) オススメ☆☆☆☆
  3. 2,ウィーンのばらまきお土産(モーツァルトクーゲル) オススメ☆☆☆☆
  4. 3,ウィーンのばらまきお土産(Mini Pralines) オススメ☆☆☆
  5. 4,ウィーンのばらまきお土産(シーソルト) オススメ☆☆☆☆
  6. 5,ウィーンのばらまきお土産(パンプキンシードオイル) オススメ☆☆☆
  7. 6,ウィーンのばらまきお土産(Darbo) オススメ☆☆☆
  8. 7,ウィーンのばらまきお土産(Staud‘s) オススメ☆☆☆☆
  9. 8, ウィーンのばらまきお土産(Zotter Chocolate) オススメ☆☆☆☆☆
  10. 9, ウィーンのばらまきお土産(DEMMERS TEEHAUS) オススメ☆☆☆
  11. 9, ウィーンのばらまきお土産(Haas&Haas)オススメ✩✩✩✩
  12. 10, ウィーンのばらまきお土産(ユリウスマインル珈琲) オススメ☆☆☆✩
  13. 11,アルコールOKなら (Wine) オススメ☆☆☆
  14. 12, 大切な人へのウィーンのお土産ならこれ!(DEMEL, ザッハトルテ) オススメ☆☆☆☆☆
  15. 13,ウイーンの変わったお土産(すみれの砂糖漬け) オススメ☆☆☆☆
  16. 14,ばらまけないけど自分へのお土産やプレゼントに(スワロフスキー) オススメ☆☆☆
  17. 15,ばらまけないけど自分へのお土産やプレゼントに(アウガルテン) オススメ☆☆☆
  18. 16,番外編・雑貨 (KARTOFFEL HANDBALSAM) オススメ☆☆☆☆☆
  19. 17,番外編・雑貨 (stutenmilch) オススメ☆☆☆☆
  20. 18,番外編・雑貨(Snow Globe) オススメ☆☆☆☆
  21. 19,番外編・雑貨(プチポワン) オススメ☆☆✩
  22. 20, 番外編・雑貨(ビールグラス) オススメ☆☆☆
  23. ウィーンお土産総まとめ
Gidxgrrvxuv90lcxv5t1
引用: https://www.instagram.com/p/BmTi0sEADIH/?tagged=wien

ヨーロッパはオーストリア東部に位置する首都ウィーン、ドナウ川のほとりに位置した美しい街です。英語名はViennaと表記されています。芸術、音楽の都として栄え、有名なヴェートーべンや、モーツァルトが音楽活動を行っていた地としても知られています。食べ物、音楽、芸術など、どれをとっても素晴らしい、そんな街がウィーン(Vienna)なのです。

L8k0riojvnyfjcxhzfgn
引用: https://www.instagram.com/p/Bct4gRDFZdz/?tagged=mannerwien

手軽でおいしいマナーのウエハースお菓子。日本人の口にも合い、ばらまきのお土産としては最適です。スーパー、空港の免税店、どこでも見かけるこのウエハースですが、本店で買うのがおすすめです。お菓子の種類も多く、お店もかわいい!更に、エコバックなどの雑貨や小物も売っていて、他で買うより安いことも多いんです。

Cizvprqx9darhhmeysst
引用: https://www.instagram.com/p/BloCQo0gx0-/?tagged=mozartkugeln

オーストリアといったらやはりモーツァルトですよね。モーツァルトがプリントされまくった!お菓子がこのモーツァルトクーゲルです。とにかくモーツァルトづくしで、ここまでします?!というくらいモーツァルト!1890年にお菓子職人によって作られたこのお菓子は、今では各店舗オリジナルのものを出しているので、お店によって違う味が楽しめます。手ごろに手に入るので、いくつか違う店舗の物を買ってみてもいいですね。

Uhc4itwfsu0j5tpj4wqj
引用: https://www.instagram.com/p/_4uSYNNPTa/?taken-at=1015572014

一口サイズのチョコレートと、かわいい入れ物が女子に大人気のです。Altmann&Kuhneウィーン店で購入ができます。ひとつひとつ個包装にはなっていませんが、小さくて手軽に食べれるサイズなので、会社などへのお土産に最適です。

H01uqg7esnlxy9emljne
引用: https://www.instagram.com/p/BjNlPEYFvpi/?tagged=rocksalt

アルプスの岩塩は食べてもよし、バスソルトとして使用することもできる万能な塩です。大きなボトルに入ったものから、小分けの袋に入ったものまで様々で、スーパーでも手に入ります。小分けの袋なら、かさばらずにスーツケースに入りますし、女子力の高い!おしゃれな雑貨のお土産としては最適!

パンプキンシードオイルは名前の通りかぼちゃの種を原料に作られたオイルです。オーストリア地方の名産品であるパンプキンシードオイルは、現地のスーパーマーケットで安価に購入できます。オイルは黒に近い色をしており、味はかぼちゃの種が原料とは思えないほどあっさりしているのが特徴です。サラダとあえるのもよしパンやヨーグルトと合わせても、おいしく頂くことができる組み合わせの幅が広いオイルです。

H7otpt6xhk9xxb290qjz
引用: https://www.instagram.com/p/4R-4eutFyP/?tagged=darbojam

ダルボというジャム製造メーカーが作るジャムは、オーストリアのお土産の中でも人気のお土産です。スーパーマーケットでも手軽に購入できますし、味も色々楽しめるのがうれしいですね。 瓶なので、重さが気になるところですが、それを除けば日持ちしますし、いくつかの種類がセットになっているものも売ってますから、ばらまきのお土産としてまとめ買いしてもいいですね。

Elriqpcdx8crfcg5euth
引用: https://www.instagram.com/p/BjkLEuCgVGl/?tagged=staudswien

ウィーンの老舗のジャムメーカーシュタウトは、蓋にオーストリアの名所、アートを施したデザインで、お土産には最適です。小型の瓶も売っているので、ウィーンのばらまきお土産としてはもってこい。ジャムだけではなく、ピクルスなどが入った瓶もあって、ちょっと変わったお土産としてインパクト◎

Ad0gfqn6vi6yhbxpmknt
引用: https://www.instagram.com/p/BNp2rI_Dy0H/?tagged=zotterchocolate

チョコレートといえば、オーストリアには何百もの小さなチョコレートの会社があります。その中でも最もよく知られているのは間違いなくZotter! Zotterはオーストリアのスティリア州のチョコレートメーカーで、独特のデザインや味が楽しめることで知られています。チーズ味などのチョコレートとの組み合わせが想像がつかないものも作っているので、ひとりで食べるのは勇気がいるので、お土産にして、誰かと一緒に食べても盛り上がりるのではないでしょうか。

DEMMERS TEEHAUS(ディメンティーハウス)はウィーンに本店を置く紅茶専門店です。ウィーンをはじめとするヨーロッパ地域では有名な紅茶専門店で、高級ホテルのカフェなどでも紅茶を楽しむことができます。ウィーン市内だけでも数店舗を構え、豊富な茶葉を取り扱っています。ダージリンやアールグレイなど定番の茶葉もありますが、少し変わったフルーツティーなどもオススメです。

Haas&Haas(ハース&ハース)もウィーンに本店を置く紅茶専門店です。先に紹介したディメンティーハウスよりも歴史が深く、ウィーンでは有名な紅茶専門店です。店頭に並ぶ紅茶の品質にこだわり、最高級の茶葉を豊富な品揃えで揃えています。また、紅茶を楽しむ陶器や雑貨もデザイン性が高く、紅茶茶葉や食器雑貨をセットにしたギフト商品は人気を得ています。ウィーン人気店の茶葉なので、紅茶好きの方に送ると喜ばれるでしょう。

ユリウスマインル珈琲はウィーンの高級スーパーであるユリウスマインルで購入できます。紅茶のイメージが強いウィーンですが、珈琲も歴史ある有名店がお店を構えています。

ユリウスマインルの珈琲は最高品質の豆を取り扱っており、ヨーロッパで珈琲店の老舗として高い地位を獲得しています。ヨーロッパ地域で知名度の高いブランドですが、日本の珈琲好きの方も知ってる方が多いので紅茶が苦手な方にぴったりです。

Guvy1ppnpcbqhqzm0me4
引用: https://www.instagram.com/p/BhW5hvKF832/?tagged=viennawine

ばらまけないけれど家やパーティでみんなでシェアしたい!というかたは、ワインはいかがでしょう。ウィーンのワインは、とても歴史が深く、紀元前に遡ると言われています。市内にブドウ畑を持ち、大量にワインの生産ができるのはこの街ならでは。ウィーンのブドウ畑の約80%は白ワインづくりに使われていて、取っても飲みやすい!飲むなら絶対白ワインがおすすめです。

Nhw0kycywztavowmiwdr
引用: https://www.instagram.com/p/BmVhSq9H2by/?tagged=presents

デメルのチョコレート(DEMEL)

Oozgnskw3uv7rt00gii8
引用: https://www.instagram.com/p/Bdik4ybAhvL/?taken-by=demel_wien

猫の舌の形のチョコレートと言ったら知っている人も多いかもしれません。ウィーン発祥のデメルのチョコレート。日本ではバレンタインの時期に多く見かけますが、スーパーのお菓子コーナーではもちろん売ってませんし、普段はあまり見かけません。ちょっと値が張るこのチョコレートはばらまきにはもったいない!自分へのお土産!か、大切な人へのお土産にしたいですね。

ザッハトルテ

Oi3qwy952ig7fwjrcjun
引用: https://www.instagram.com/p/BmVG1ksA-t3/?tagged=sachertorte

今やザッハトルテという名前を聞いたことがない人はいないのではないかというほど、日本でも有名になったお菓子ですね。でも、ザッハトルテが、ウィーン発祥だったと意外と知らない人が多いんです。ホテルザッハは、ウィーンで唯一オリジナル名を名乗れる正式なお店で、カフェにはお土産コーナーもあります。保存料は一切使用していないので、何か月も保存するのは難しいですが、10日ほどは日持ちするので、帰国前に買って、つぶれないようにそーっとスーツケースに入れて持って帰りましょう。

V6r7aux5hxxieune6qgz
引用: https://www.instagram.com/p/Blpeg2cgI3N/?taken-by=demel_wien

チョコレートの名店、デメル。デメルで取り扱っている王室御用達の食べ物といえばこちら、すみれの砂糖漬けです。レモンの砂糖漬けは馴染みがありますが、すみれの砂糖漬けってどうなんだろう・・・と思いますよね。このすみれの砂糖漬け、食べてもよし、紅茶や白ワインに入れてもおいしく楽しめるんですよ。一度食べてハマる人続出です。

Klmuzhsfpvo4kltpvbx9
引用: https://www.instagram.com/p/BS_7IR_BZwS/?tagged=candiedviolets

すみれの砂糖漬けにハマった!と言っても、なかなか毎回なくなるたびにウィーンまではいけませんよね。でもまた食べたい!というかたは、自分で作っちゃいましょう。すみれさえ手に入れば作るのは簡単。今はウェブサイトにたくさんのレシピが掲載されていますよ。

Frru3jll4rfazmbhdikg
引用: https://www.instagram.com/p/BpRr-JHgo8v/

ウィーンは、スワロフスキー(swarovski)の発祥の地です。スワロフスキーの本店では、ここでしか手に入らない限定ものもあり女子の心を虜にするものばかり。お気に入りのジュエリーや雑貨に出会えるかもしれません。免税手続きをすればさらに安く手に入るのもうれしいところ。

アウガルテンはウィーンでは有名な磁器工房です。紅茶やお菓子などを楽しむのに磁器は欠かせません。アウガルテンの磁器は300年の歴史をもつ工房で、オーストリアの皇帝や宮廷貴族達に愛される磁気を作成していました。

磁器に施される繊細な細工、色鮮やかな絵柄など特徴的な伝統を受け継ぐ職人により現在も高級磁器が作成されています。高級磁器なので価格帯は高いものの、午後のティータイムにいっそうの充実感を与えてくれるお土産です。

Cnwql75e6gdnlluoexwp
引用: https://www.instagram.com/p/Bf0CrBQlV7n/?tagged=kartoffelhandbalsam

嘘でしょ?ジャガイモのハンドクリームなんて・・・と思われますか。でも日本にもカタツムリのフェイスパックや、ハチのなんとかとか・・・ありますよね!ここ、ウィーンでは、じゃがいものハンドクリームが販売されています。しかもオーガニック!!オーガニックでじゃがいもといっても、食べれませんが、おもしろ化粧雑貨のお土産として、一押しです。

Efctps91yj4gzdo1cxfh
引用: https://www.instagram.com/p/BlVs_CKnpqL/?tagged=stutenmilch

牛ではなく、馬のミルク(メアミルク)を使った化粧品がこれ!オーストリアでBio認定を取得している会社が作っている化粧品なので、安心して使用できますね。特に洗顔せっけんが人気で、洗顔後の肌がしっとりとした感じになります。乾燥肌、敏感肌の方は試してみてもいいかもしれません。お菓子のお土産だけじゃつまらない!という方は是非雑貨のお土産と合わせて買って帰りましょう。

Ppvmrdih9sj0ldy8cq82
引用: https://www.instagram.com/p/BJlftXnjwq_/?tagged=snowglobevienna

クリスマスの時期によく見かける降ると雪が降るように見える、これ!実はウィーンが発祥の地なんです。フランスが発祥だとフランス人は強く主張するので大声では言えませんが・・・。これについての歴史も博物館にあり、ウィーン発祥だということが分かります。世界中にコレクターも多いスノードーム、お土産にひとついかがでしょう。

プチポワンは刺繍が施されたアクセサリーや日用雑貨です。ウィーンの刺繍技術はとても繊細かつ鮮やかで、草花をはじめ人物などが刺繍されています。バックなどの日用品から、財布やブローチなどの小型の雑貨まで刺繍のサイズは幅広く展開されています。

プチポワンは手芸品で刺繍で編み込まれる絵柄の大きさで、商品価格が変わってきます。お土産で購入するならブローチやイヤリングなど小さな刺繍の商品がオススメです。

Fbmzuocwifgtu2lfwai9
引用: https://www.instagram.com/p/Bd78YQiA9UU/?tagged=austrianbeerglass

オーストリアの人々は、ワインも好きですが、ビールも大好き。オーストリアのビールはヨーロッパでも人気があり、国民はとても誇りに思っています。オーストリアのビールグラスは独特の形をしていて、日本ではほとんど見かけません。割らないようにそぉっと日本に持って帰らないといけないですが、ビール好きならひとつは持っていたいですね。素敵なグラスで、いつものビールも更においしく楽しめそうです。

Lcmhcbv8y0v6s1xm8x9r
引用: https://www.instagram.com/p/BmT9dbthXCa/?tagged=vienna

今回は、お菓子のお土産を中心に、是非試してもらいたい雑貨まで紹介しました。音楽、芸術、料理とどれをとっても素晴らしいウィーン。観光に夢中になり、お土産を忘れて帰らないように!帰り際にバタバタしないように!あなたの旅のお土産のリストに追加してもらえたら幸いです。素敵な度になりますように!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmVYreGFjX5/?taken-at=63134088